@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新小説【しんしょうせつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新小説
しんしょうせつ
sin-sosǒl
朝鮮文学において,20世紀初頭,西欧近代思想の刺激を受けて現れた新しい小説形式をいう。それ以前の小説を旧小説あるいは古典小説と呼び,新小説のあとには本格的な近代小説が登場する。あえて対比すれば,新小説は日本の明治初期の政治小説に相当する。光武 10 (1906) 年からの 10年間に重要作品が集中した。特徴は,言語,手法,人物の性格創造などにおける新しさ,新しい環境における人間の生活とその思想,感情の表現などに求められる。代表的作家は,李海朝李人稙,崔 瓚植,安国善ら。李海朝の作品『鬢上雪』 (08) は蓄妾制度が一家の破滅をもたらす物語であり,『駆魔剣』 (08) は迷信への批判をテーマとし,『自由鐘』 (10) は婦人解放,民族主体精神の鼓吹,近代的教育の必要性を説いている。李人稙には,自由結婚をテーマとした『血の涙』 (06) ,両班 (ヤンバン) 階級腐敗庶民の反抗精神を描いた『鬼の声』 (06~07) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんしょうせつ〔シンセウセツ〕【新小説】
文芸雑誌。明治22年(1889)1月、饗庭篁村(あえばこうそん)らにより創刊、いったん中絶、明治29年(1896)7月、幸田露伴の編集で再刊。昭和2年(1927)1月「黒潮」と改題、同年3月春陽堂発行。夏目漱石の「草枕」や田山花袋の「蒲団(ふとん)」など、多くの名作を発表した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんしょうせつ【新小説】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しんしょうせつ シンセウセツ【新小説】
文芸雑誌。春陽堂発行。明治二二年(一八八九)一月創刊で饗庭篁村(あえばこうそん)、須藤南翠らが編集し、同二三年六月まで発行されたのを第一期とし、同二九年七月より幸田露伴、石橋忍月、後藤宙外らを主筆として継続した第二期は大正一五年(一九二六)一一月まで刊行。有力な文芸雑誌として文学史に残る作品を多数掲載するが、昭和期に入り次第に文学の圏外に去り、昭和二年(一九二七)一月より「黒潮」と改題するも同年三月に終刊。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新小説」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新小説の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation