@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新庄【しんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新庄
しんじょう
奈良県西部葛城市南部の旧町域。奈良盆地の南西部にある。 1923年町制。 1956年忍海村を編入。 2004年北に隣接する當麻町と合体し葛城市となる。西部は金剛山地の東斜面で,山腹に布施城跡がある。農業地帯で米作のほか野菜・花卉栽培が行なわれる。中心集落の新庄には伝統的な製薬業が立地。宅地開発も著しい。東部柿本人麻呂をまつる柿本神社がある。国の重要文化財の村井家住宅,国指定史跡の屋敷山古墳,二塚古墳のほか古社寺も多い。一部は金剛生駒紀泉国定公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんじょう〔シンジヤウ〕【新庄】
山形県北東部の市。もと戸沢氏の城下町新庄盆地の中心地で、米の産地新庄まつりで知られる。人口3.9万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新庄
しんじょう

奈良県北西部、北葛城郡(きたかつらぎぐん)にあった旧町名(新庄町(ちょう))。現在は葛城市(かつらぎし)の南部を占める地区。1923年(大正12)町制施行。1956年(昭和31)南葛城郡忍海(おしみ)村を編入。2004年(平成16)當麻(たいま)町と合併、市制施行して葛城市となる。旧町域は、金剛(こんごう)山地東斜面から奈良盆地の一隅を占める。大阪府と接し、JR和歌山線、近畿日本鉄道御所(ごせ)線、国道24号、165号が通じ、南阪奈道路の葛城インターチェンジが近い。中心集落の新庄は近世初期桑山氏の小城下町であったが、のち幕府領となった。商業中心で、水田農業のほか、近年は蔬菜(そさい)・花卉(かき)栽培も盛ん。南東部の薑(はじかみ)ではショウガを特産したが、1990年代に入ると減少し、現在は生産されていない。工業は製薬や靴下、メリヤスの生産が有名。また、半導体、紙加工品、プラスチック加工などの工場が進出している。葛城山麓(さんろく)には屋敷山古墳や二塚古墳(ともに前方後円墳、国史跡)をはじめ多くの古墳がある。置恩寺の十一面観音立像、博西(はかにし)神社本殿、村井家住宅は国指定重要文化財。忍海に葛城市歴史博物館がある。

[菊地一郎]

『『新庄町史』(1967・新庄町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんじょう シンジャウ【新庄】
山形県北東部の地名。最上川が流れる新庄盆地の中心都市。江戸時代は戸沢氏六万八千石の城下町として発達。奥羽本線と陸羽東線・陸羽西線が交わる交通の要地。平成一一年(一九九九)山形新幹線が新庄まで延伸された。昭和二四年(一九四九)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新庄」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新庄の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation