@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新律綱領【しんりつこうりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新律綱領
しんりつこうりょう
律にかわり治政府により明治3 (1870) 年 12月に頒布された刑法典。全6巻8図 14律 192ヵ条項から成るが,逐条主義はとっていない。正刑としてを規定し,閏刑を採用しているなどの点からも明らかのように,明,清律を基礎とし,これに養老律,御定書を酌したものである。したがって,いわゆる西欧法の影響はほとんどみられない。刑部大輔佐々木高行のもと,水本成美,鶴田皓村田保,長野文炳らの手によって起草された。 1882年旧刑法施行まで,本綱領を修正増補した改定律例とともに並び行われた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんりつ‐こうりょう〔‐カウリヤウ〕【新律綱領】
明治政府のもとでの最初の刑法典。明治3年(1870)発布江戸幕府中国の刑法典をもとにして作成され、華族士族閏刑(じゅんけい)を認めるなど、刑に身分的差別を設けていた。同15年の旧刑法施行まで行われた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんりつこうりょう【新律綱領】
1870年(明治3)12月に発布された刑法典。全6巻8図14律192条より成る。明治維新以来,国家秩序維持のため統一的刑法典編纂の必要性が痛感されていた。新政府は,手始めに1868年に仮刑律(仮律。12律118条)を定めたが,その後の調査,編集に基づき編纂したのが新律綱領である。両法典とも明律清律,《御定書百箇条》を参考にして作成されている。新律綱領は,刑法官部内の準則であった仮刑律と異なり,官吏を名あて人に発布され,府藩県に頒布されただけでなく,翌年には書店での印刷販売が許されたため国民も初めてその内容を知ることができた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

新律綱領
しんりつこうりょう

1870年(明治3)に制定された刑法典。これ以前に、明治新政府は中央集権的国家にふさわしい統一的な刑法典の制定を目ざし、1868年「仮刑律」(または「仮律」)を完成させたが、公布・施行されるに至らなかった。そこで、この新律綱領が、明治以降のわが国で初めて公布・施行された刑法典ということになる。しかし、内容的には、仮刑律と同様、中国、とくに明清(みんしん)の律令刑法を範とし、江戸幕府の刑法を参考にしたものであり、古色蒼然(そうぜん)としたものであった。すなわち、法典の体裁からみると、条文ごとに規定を整理し体系化することなく雑然としたものであるばかりでなく、「比附援引(ひふえいん)」「不応為律(ふおういりつ)」にみられるように、刑法の類推適用や遡及効(そきゅうこう)を認めるなど罪刑法定主義をいまだ知らず、武士や僧尼につき身分上の区別を設けるなど、およそ近代的な刑法典とはほど遠いものであった。なお、新律綱領の体裁を条文ごとに整理し、内容的に補充したのが、1873年の「改定律例」であり、この改定律例は、1882年の近代的刑法典に属する「旧刑法」の施行まで効力を有していた。

[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんりつ‐こうりょう ‥カウリャウ【新律綱領】
明治三年(一八七〇)新政府が、江戸時代の裁判記録や中国の明律・清律などを参考にして編纂した刑法典。六巻一九二条から成り、改定律例とともに、同一五年の旧刑法の施行まで行なわれた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

新律綱領
しんりつこうりょう
明治初年の刑法
1870年発布。6巻。192条。中国の明・清律を基本として,これに養老律・御定書百箇条などを参考にして編集。刑罰に身分的差別があったが,広く天下に示され,従来秘密主義を破った。'73年の改定律例とともに,'82年の旧刑法施行まで行われた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新律綱領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新律綱領の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation