@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新撰和歌【しんせんわか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

新撰和歌
しんせんわか
貫之(きのつらゆき)編の秀歌選。勅命により930年(延長8)から934年(承平4)の間の土佐守(とさのかみ)在任中に撰歌(せんか)し、帰京後に漢文序を付して成立。醍醐(だいご)天皇崩後で奏覧できなかった。四季360日になぞらえた4巻360首で、たとえば春歌と秋歌とを相互に配列(巻1)する珍しい構成。全体の約8割は『古今集』歌であるが、その他は出所の不明な歌が多い。共撰であった『古今集』に対し、貫之一人の秀歌観がうかがえ、『古今集』の「心詞相兼」の理想はここで「花実相兼」の歌として示される。古今風の精髄を示すとともに、3番目の勅撰集である『拾遺(しゅうい)集』風の平淡さに赴く傾向もみられる。[菊地靖彦]
『菊地靖彦著『「古今集」以後における貫之』(1980・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰和歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新撰和歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation