@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新日本文学会【しんにほんぶんがくかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新日本文学会
しんにほんぶんがくかい
文学団体。 1945年 12月 30日創設。第2次世界大戦後,長年弾圧されていたプロレタリア文学の復興と,さらに広範な民主主義文学勢力の結集を目指し,蔵原惟人壺井繁治中野重治,秋田雨雀,江口渙窪川鶴次郎徳永直,藤森成吉,宮本百合子が発起人となり 173名が参加して発足,翌年3月機関誌『新日本文学』を創刊した。しかし『人民文学』の創刊 (1950) による分裂,あるいは『近代文学』派とのきびしい対立などを生み,一時は日本共産党の下部組織の観を呈した。 1960年代後半以降は政治と文学の問題を克服,『近代文学』派とともに文学団体として今日にいたっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんにほんぶんがくかい【新日本文学会】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

新日本文学会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新日本文学会の関連情報

関連キーワード

原子爆弾投下第2次世界大戦対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ドイツ問題ホロウェイリーンディープ・パープルインドネシア

他サービスで検索

「新日本文学会」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation