@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新暦【シンレキ】

デジタル大辞泉

しん‐れき【新暦】
日本で明治6年(1873)以降採用されている、現行グレゴリオ暦のこと。⇔旧暦

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

占い用語集

新暦
改暦を行った後の暦法のこと。改暦前の暦は旧暦となる。日本や東アジア諸国では、太陰太陽暦から改暦した太陽暦(グレゴリオ暦)が暦になる。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐れき【新暦】
〘名〙
① 新たに制定した暦。新しい方法によって作った暦。しんごよみ。
※泰平年表‐常憲公・貞享元年(1684)四月二九日(古事類苑・方技五)「新暦頒行被仰出」 〔晉書‐律歴志・下〕
② 新しい年の暦。来年度に用いる暦。
※看聞御記‐応永二四年(1417)一二月一九日「新暦二巻八卦等在弘進之」 〔来鵠‐早春詩〕
③ 明治六年(一八七三)以後、それまでの太陰暦にかわって採用された暦。太陽暦。陽暦。旧暦の明治五年(一八七二)一二月三日をもって、新暦の明治六年一月一日とした。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一三「十五夜も弓張月の新暦(シンレキ)に玉の兎の住所なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新暦
しんれき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新暦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新暦の関連情報

関連キーワード

日本郵便制度史(年表)大不況サッカー(フットボール)鉄筋コンクリート構造月曜物語地租改正レーピンローン神祇志料バン=リード

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation