@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新株引受権付社債【シンカブヒキウケケンツキシャサイ】

デジタル大辞泉

しんかぶひきうけけんつき‐しゃさい【新株引受権付社債】
発行の際に、一定の条件で発行会社の新株を引き受ける権利のついた社債。平成14年(2002)の商法改正により、転換社債などと併せて新株予約権付社債となる。ワラント債

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典

新株引受権付社債
別名ワラント債ともいう。2002年4月の商法改正により、新株予約権制度が創設され、従来CB(転換社債)、ワラント債(非分離型)は「新株予約権付社債」という名称に統一された。

出典:株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント

世界大百科事典 第2版

しんかぶひきうけけんつきしゃさい【新株引受権付社債】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんかぶひきうけけんつきしゃさい【新株引受権付社債】
普通社債にその社債発行会社の新株を、社債発行時に決められた一定の値段(行使価格)と一定の割合(付与率)で引き受ける権利の付いた社債。ワラント債。 WB 。 → 新株予約権付社債

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新株引受権付社債
しんかぶひきうけけんつきしゃさい
発行会社の新株を一定条件で買い付けることのできる権利(すなわち新株引受権)が付けられていた社債。1981年(昭和56)の商法改正により発行が可能となった。新株引受権はワラントwarrantといわれるので、略してワラント付社債あるいはワラント債と通称される。ワラントで買付けのできる新株の価格(行使価額という)は、社債発行時の株価よりやや高い水準に決められる。買付けのできる数量は社債額面の100%が通例だが、100%以下の場合もある。債券購入後、株価が行使価額より高くなれば、このワラントを行使して時価よりも安く株を購入し、もうけることができる。社債の満期時までにワラント行使の機会を失えばワラントは無価値となる。新株引受権付社債には、このワラントを社債と切り離して売買することができる「分離型」と切り離すことのできない「非分離型」があった。切り離されたワラントの価格は株価動向を反映する。ワラント債は甘味剤付社債といえるもので、株高のときには魅力が増し、一般の社債より低利率での発行を可能にした。しかし、2002年(平成14)4月施行の改正商法により、新株予約権制度が創設され、社債に付随しなくても新株予約権が単独に発行できるようになった。このため分離型の新株引受権付社債は、社債券と新株予約権証券の同時発行という位置づけとなり、非分離型の新株引受権付社債は、「新株予約権付社債」という制度に移行した。これは従来の転換社債の仕組みと同じことになるわけで、証券業界では「転換社債型新株予約権付社債」という名称を使用している。こうして「新株引受権付社債」という制度は約20年で消滅した。[後藤 猛]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新株引受権付社債
しんかぶひきうけけんつきしゃさい
新株予約権付社債」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新株引受権付社債」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新株引受権付社債の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation