@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新歌舞伎十八番【しんかぶきじゅうはちばん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新歌舞伎十八番
しんかぶきじゅうはちばん
9世市川団十郎選定した歌舞伎作品群の呼称。7世団十郎は,市川家代々のお家に自身の新作勧進帳』を加えた 18種の狂言を「歌舞伎十八番」とし,さらに自身の得芸から「新歌舞伎十八番」の制定を企てたが,『虎の巻』『蓮生 (れんしょう) 物語』の2作品を残して没した。その意図を明治時代の劇壇の頭目であり,演劇改革を試みた7世の子,9世団十郎が継承し,彼の改革の主張としての活歴物 (かつれきもの) と,能から取った所作事を中心に,伊原青々園説によると 32種,一説には 40種の作品を「新歌舞伎十八番」に収めた。おもな作者は河竹黙阿弥と福地桜痴。作品は,古典改作では前記2作品と『義経腰越状』『時平公七笑 (しへいこうななわらい) 』,活歴新作品では『地震加藤』『張抜筒 (はりぬきづつ) 』『酒井の太鼓』『吉備 (きび) 大臣』『重盛諫言』『荏柄 (えから) 問答』『高時天狗舞』『仲光』『山伏摂待』『伊勢三郎』『凧の為朝』『文覚 (もんがく) 勧進帳』『仲国』『女楠 (おんなくすのき) 』『向井将監 (しょうげん) 』など,所作事では『釣狐』『船弁慶』『左小刀』『新七つ面』『二人袴 (ににんばかま) 』『大森彦七』『紅葉狩』『素袍落 (すおうおとし) 』『鏡獅子』などを含む。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐かぶきじゅうはちばん〔‐かぶきジフハチバン〕【新歌舞伎十八番】
7世および9世市川団十郎が選定した、歌舞伎十八番以外の得意芸32種。活歴(かつれき)物・松羽目(まつばめ)物が多い。「地震加藤」「鏡獅子」「船弁慶」「紅葉狩」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんかぶきじゅうはちばん【新歌舞伎十八番】
歌舞伎用語。7世市川団十郎は〈家の芸〉18種を〈歌舞伎十八番〉と制定した後,自分自身の得意芸18演目を集めて〈新歌舞伎十八番〉の選定を企てた。《虎の巻》(《鬼一法眼三略巻》の奥庭の新演出,1850)と《蓮生物語》(《熊谷陣屋》の後日譚堺開帳三升花衣》の新演出,1852)の2作を選んで没したので,その子9世団十郎が残り16種を選定。なお〈十八番〉を〈おはこ〉の意として,さらに演目をふやし合計32種を含ませた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんかぶきじゅうはちばん【新歌舞伎十八番】
「歌舞伎十八番」以外に、七代目および九代目団十郎の当たり芸を主として、九代目が選んだ演目。活歴物の新作が多く、「地震加藤」「紅葉狩」など三十数種ある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新歌舞伎十八番
しんかぶきじゅうはちばん
7世・9世の市川団十郎が制定した歌舞伎(かぶき)劇の一群。この場合の十八番とは得意なものという意味なので、数は18種をはるかに超え、32種あるいは40種との説がある。7世団十郎は祖先からの家の芸「歌舞伎十八番」のほかに自身の得意芸または記念的作品18種を選定しようとしたが、『虎の巻(とらのまき)』『蓮生(れんしょう)物語』の2作を選んだだけで没したので、その子9世団十郎は父の遺志を継ぎ、自分の初演した会心の作を多数選んで「新歌舞伎十八番」と名づけた。演劇改良の新運動を反映する活歴物(かつれきもの)と、能・狂言に取材した高尚趣味の舞踊劇が多いのが特徴。今日そのタイトルをつけられるものに、『時平七笑(しへいのななわらい)』『地震加藤(じしんかとう)』『真田張抜筒(さなだはりぬきづつ)』『酒井の太鼓』『敷皮(しきかわ)の五郎』『荏柄問答(えがらもんどう)』『高時(たかとき)』『重盛諫言(しげもりかんげん)』『凧(たこ)の為朝(ためとも)』『仲光(なかみつ)』『文覚勧進帳(もんがくかんじんちょう)』『女楠(おんなくすのき)』などのほか、舞踊劇の『鏡獅子(かがみじし)』『大森彦七(ひこしち)』『船弁慶(ふなべんけい)』『紅葉狩(もみじがり)』『素襖落(すおうおとし)』『二人袴(ににんばかま)』『吹取妻(ふきとりづま)』『釣狐(つりぎつね)』などがある。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐かぶきじゅうはちばん ‥かぶきジフハチバン【新歌舞伎十八番】
〘名〙 七世および九世市川団十郎が、「歌舞伎十八番」以外の得意芸を選定して銘打ったもの。一八種に限らず、三十余種に及ぶ。虎の巻・蓮生物語・地震加藤・酒井の太鼓・吉備大臣・重盛諫言・高時・仲光・伊勢の三郎・文覚勧進帳・鏡獅子・大森彦七・舟弁慶・紅葉狩・素襖落・二人袴・高野物狂・左小刀・釣狐など。
※時事新報‐明治二五年(1892)三月一二日「此の新歌舞伎十八番は団洲の実父七代目海老蔵の勤めて当りし者と当人が世評を博したる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新歌舞伎十八番」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新歌舞伎十八番の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation