@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新津油田【ニイツユデン】

デジタル大辞泉

にいつ‐ゆでん〔にひつ‐〕【新津油田】
新潟市秋葉区新津を中心とする油田。明治末期から大正初期が全盛で、現在は産油量が減少

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

新津油田
新潟県新潟市にあった油田。江戸時代前から石油採取が行われていたとされる。1874年本格的に開発開始。1996年閉田。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

新津油田
にいつゆでん
新潟県、新津丘陵東麓(とうろく)にある旧越後三大油田(えちごさんだいゆでん)の一つ。東山山地が越後平野に没入する秋葉丘陵北端に広がり幅2キロメートル、長さ12キロメートル。油田構造は、丘陵に沿う金津(かなづ)背斜が沖積地に没入する鼻状構造部の断層の食い違いにたまった珍しい含油層で、深度は300~1500メートルに及ぶ。明治末から大正時代の全盛期には年産17万キロリットルの産油高を示した大油田である。その後は生産量が減少し、1996年(平成8)に採掘が終了した。ロータリー掘り時代に大油井を掘り当てて石油王となった中野貫一の邸宅の周りは、新津市(現、新潟市秋葉(あきは)区)により「石油の里公園」として整備された。ここには石油の採掘・精製施設が残されているほか、資料館「石油の世界館」や物産館などがある。中野邸は中野邸美術館として公開されている。また能代(のうだい)川沿いの磐越西(ばんえつさい)線わきはかつて新津油田の製油所のあった所で、いまも煮坪(にえつぼ)とよばれる池が残されている。[山崎久雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にいつ‐ゆでん にひつ‥【新津油田】
新潟市新津にある油田。明治六年(一八七三)から本格的に開発され、大正初期に最盛期を迎えた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新津油田」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新津油田の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation