@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新派【しんぱ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新派
しんぱ
明治 30年代に確立した家庭悲劇,花柳物を主とする演劇。これに対して歌舞伎は旧派と呼ばれる。明治 20年代に角藤定憲 (すどうさだのり) の「壮士芝居」や,川上音二郎の「書生芝居」をはじめ,伊井蓉峰の済美館,山口定雄一座,福井茂兵衛一座などの新演劇が各地で興り,相馬事件を扱った『又意外』の連作や日清の戦争劇で基礎を築いた。その後離合集散のうちに際物 (きわもの) 性を脱皮して,小説の脚色上演で演技面でも新境地を開き,団菊左 (9世市川団十郎,5世尾上菊五郎,1世市川左団次の明治期を代表する歌舞伎俳優3人の通称) の没後,本郷座時代と呼ばれる新派全盛期を迎えた。大正末期から昭和初期にかけて衰えたが,1930~31年頃瀬戸英一の『二筋道』連作で起死回生。花柳章太郎らの新生新派井上正夫の演劇道場,喜多村緑郎らの本流新派などに分れていたが,第2次世界大戦後,大同団結して劇団新派となる。喜多村,花柳,大矢市次郎,英太郎ら没後は水谷八重子が座頭となった。 79年の水谷の死後,水谷良重,波乃久里子らの女優中心となり,女形の芸を核とする特色も薄れ,加えて人気作家川口松太郎に匹敵するような新たな作者を得られず,かつてほどの勢力はない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐ぱ【新派】
芸道・芸能などの、新しい流儀・流派。⇔旧派
新派劇」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんぱ【新派】
演劇ジャンルの名称。〈新派劇〉という言い方をすることも多い。もともとは歌舞伎を〈旧派〉と呼ぶ対照からきた名称だが,いつ,だれがそのように呼び始めたのかはよくわかっていない。しかし,今日われわれが〈新派〉と呼びならわしている演劇ジャンルの発端は次の二つの動きの中に見ることができる。一つは1888年12月3日,大阪の新町座で自由党壮士角藤定憲(すどうさだのり)が〈日本改良演劇〉を名乗り,《耐忍之書生貞操佳人(こらえのしよせいていそうのかじん)》などを上演し,また遅れて91年2月5日,堺の(う)の日座で川上音二郎が新演劇の旗揚げをした,いわゆる壮士芝居,書生芝居の運動である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんぱ【新派】
新しい流派。 ⇔ 旧派 -をおこす
「新派劇」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐ぱ【新派】
〘名〙
① 新しい流派。新しい風潮。また、それをとりいれている人。
※俳句問答(1896)〈正岡子規〉「新派の勢力は斯る老人に迄及びたるにや」
※東京日日新聞‐明治三九年(1906)一月四日「彼の新派と称するものは、脚本の供給乏しき(寧ろ絶無?)に苦みて、材を小説に獲るに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation