@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新猿楽記【しんさるがくき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新猿楽記
しんさるがくき
猿楽芸に関する最古の書。藤原明衡著。静嘉堂文庫写本が2部あるのみで,群書類従本系統のほかに異本は知られていない。その前半に,平安時代中期とみられている猿楽者の百丈,仁南,定縁,懸井戸先生などの芸評や,猿楽雑伎として咒師 (のろんじ) ,侏儒舞 (ひきひとまい) ,田楽,品玉 (しなだま) などの曲芸や「福広聖之袈裟求 (ふくこうひじりのけさもとめ) 」や「妙高尼之襁褓乞 (むつきごい) 」などの滑稽物まね芸の名称があげられている。本書成立期は未詳であるが,平安時代後期と考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんさるがくき【新猿楽記】
平安後期の随筆。1巻。藤原明衡(ふじわらのあきひら)著。康平年間(1058~1065)の成立か。猿楽見物の一家に託し、当時の庶民風俗などを漢文で描く。生活史料として重要。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんさるがくき【新猿楽記】
平安後期の漢文体記類作品。藤原明衡(あきひら)の。1052年(永承7)前後の成立と考えられる。その内容は,初めに当時都で流行した散楽(さるがく)雑技ことに新猿楽について,曲の種類や芸人の巧拙,観衆の反応などを論じた後,ある夜の猿楽見物の観衆の一人である西のの右衛門尉(じよう)一家33人を,ひとりひとり紹介してゆくという設定である。 右衛門尉には3人の妻,16人の娘とその夫,9人の男子があり,それぞれに異なった職業を持ち,性格も違っているが,それらを,関連する事物の名称とともに滑稽をまじえて列挙してゆく。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

新猿楽記
しんさるがくき

平安後期の記録書。1巻。漢文。藤原明衡(あきひら)(989?―1066)作。成立未詳。猿楽は平安時代におこった滑稽(こっけい)な大衆芸能であるが、本書は最初猿楽の演戯について、人形操りや曲芸、物真似(ものまね)などの形態を並べ、次に猿楽の名人を列挙してその芸態を論評する。そして見物人の右衛門尉(うえもんのじょう)一家の家族構成と生活態度、容貌(ようぼう)およびそれに関係ある事物の品目を28条にわたって列挙する。老妻や遊女の姿態、弓箭(きゅうせん)、相撲(すもう)の技、学者・医師の学業、真言・天台僧の行、農耕、工匠の技、仏師・絵師の芸、諸国の物産や交易品目など都の人事全般の事物の名称や所作が列挙されており、演劇の資料としてだけではなく、当時の社会状態や庶民生活を知るための貴重な文献である。

[大曽根章介]

『川口久雄訳注『新猿楽記』(平凡社・東洋文庫)』『重松明久校注『新猿楽記・雲州消息』(1982・現代思潮社・古典文庫)』『大曽根章介校注「新猿楽記」(『日本思想大系8』所収・1979・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんさるがくき【新猿楽記】
平安後期の漢文で書かれた随筆。一巻。藤原明衡著。康平四年から八年(一〇六一‐六)頃の成立か。猿楽の実情を略述し、見物する一家(右衛門尉とその妻三人、娘一六人とその夫、息子九人など三三人)に託し、当時の庶民の各職種別の生態などを叙する。事物の名称が多く記され、この時代の生活史料として屈指のもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

新猿楽記
しんさるがくき
平安中期,藤原明衡 (あきひら) の著した随筆
著作年代不詳(1060年ころと推定)。1巻。子女教養読物。当時の猿楽を,武者陰陽師商人など多くの階層観客実態とともに描写。日本演劇の原始形態と当時の社会生活の好史料。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新猿楽記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新猿楽記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation