@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新田荘【にったのしょう】

世界大百科事典 第2版

にったのしょう【新田荘】
上野国の荘園で,ほぼ新田郡全域にわたり,現在の太田市,新田郡尾島町・新田町,佐波郡境町の一部から成り,おもに大間々扇状地の上に立地している。源義国の子義重は,〈こかん(空閑)の郷々〉といわれる世良田など新田郡西南部の19郷を開発し,1157年(保元2)に,花山院家藤原忠雅に寄進して新田荘を成立させ,この荘の下司職に任命された。やがて,新田荘は19郷から新田郡全域に拡大された。70年(嘉応2)の土地台帳によると,19郷以外の部分は,39郷に及び,田300町2,畠96町3反,在家248宇の規模を持っていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

新田荘
にったのしょう
上野(こうずけ)国(群馬県)にあった荘園で、大間々(おおまま)扇状地上に立地し、ほぼ古代の新田郡全体(現在の太田市、伊勢崎市とみどり市の各一部)を荘域とする。1108年(天仁1)浅間山の爆発によって荒廃した新田郡南西部の地を源義重(よししげ)が開発。1157年(保元2)にこれを鳥羽(とば)上皇建立の金剛心院(こんごうしんいん)に寄進し、ここに金剛心院を本家(ほんけ)、藤原忠雅(ただまさ)(花山(かざん)院家)を領家(りょうけ)、義重を下司(げし)とする新田荘が成立した。その後1170年(嘉応2)には荘域は新田郡全体に拡大された。以後、義重の子孫新田一族の基盤となり、南北朝時代に新田義貞(よしさだ)を生み出した。1170年の新田荘目録には、水田302町、畑96町、在家248宇とある。新田義貞の滅亡後は、一族の新田岩松(いわまつ)氏が継承した。[峰岸純夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新田荘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新田荘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation