@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新疆【しんきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新疆
しんきょう
Xin-jiang; Hsin-chiang
中国北西部のジュンガル (準 噶爾) 盆地を含む地方の呼称。清の乾隆帝時代に準,回 (中央アジアのモンゴルウイグル) 両部を平定したのち,この地方を「新たに加わった領域」の意味で新疆と名づけた。清代の藩部の一つ。清末のイスラム教徒反乱左宗棠が平定したのを機に光緒 10 (1884) 年省制を施行。民国になって第2次世界大戦中の 1944年にウイグル族カザフ族を中心に東トルキスタン共和国が樹立されたが,50年中華人民共和国に加わり,55年新疆ウイグル自治区となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんきょう【新疆】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しんきょう シンキャウ【新疆】
中国の北西部を占める新疆ウイグル自治区の旧称。清の乾隆時代中国領となり、一八八四年省が置かれた。中華民国時代には東トルキスタン共和国をたて独立の気運が興ったが、一九五〇年中華人民共和国に吸収され、五五年ウイグル族の自治区となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

新疆
しんきょう
Xīnjiāng
中国の最北西部,現在の新疆 (シンチヤン) ウイグル自治区
天山 (テンシヤン) 山脈をはさんでジュンガル盆地(天山北路・準部)とタリム盆地(天山南路・回部)を含む東トルキスタン地域。清の乾隆 (けんりゆう) 帝が平定し,新しい土地の意味で新疆と名づけた。漢代以来,西域 (さいいき) と呼ばれ,東西交通の要衝の道(シルク−ロード)が貫通し,アーリア系民族が住んでいたが,9世紀以来,トルコ系が多くなった。漢以来,中国と北方民族の争奪の的となった。19世紀後半に左宗棠 (さそうとう) がイスラーム教徒の反乱を平定して新疆省を置き,中華人民共和国では1955年新疆ウイグル自治区となった。中心はウルムチ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新疆
シンチャン

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新疆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新疆の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation