@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新羅楽【しらぎがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新羅楽
しらぎがく
三韓楽の一つ。朝鮮半島新羅から飛鳥~奈良時代に伝来した音楽。今日のいわゆる高麗楽 (こまがく) の母体となった。 460年頃允恭天皇の葬儀に新羅の音楽家が種々の楽器をもって多数参列し,泣きながら歌舞を奏したという記録が最も古い。伝来当時の音楽の実態未詳。楽器としては新羅琴が知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しらぎ‐がく【羅楽】
三韓楽の一。上代新羅から日本に伝来した楽舞。楽器は新羅琴などを用いたが、平安時代高麗楽(こまがく)に編入された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しらぎがく【新羅楽】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

しらぎ‐がく【新羅楽】
〘名〙 三韓楽の一つ。新羅琴と笛を用い、舞を伴うもの。允恭天皇(四一二‐四五三)のころ、新羅の国から伝来したといわれ、平安初期ごろまで、雅楽寮に伝えられていた。〔三国史記‐志第一・楽〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新羅楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新羅楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation