@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新花摘【しんはなつみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新花摘
しんはなつみ
江戸時代後期の俳書与謝蕪村著。月渓画,跋。大本1冊。寛政9 (1797) 年刊蕪村は安永6 (77) 年夏,其角の『花摘』にならい,おそらく亡母追善のために,1日 10をつくる夏行 (げぎょう) を思い立ち,16日間 128句までおおむね実行したが,あとは所労のため7句を追加しただけで中絶した。その後落ち着いてから,これに京都定住以前の回想談,すなわち其角の『五元集』に関する話,骨董論,5つの狐狸談,其角の手紙の話などを加えたもの。蕪村没後天明4 (84) 年,冊子であった自筆草稿を巻子本 (かんすぼん) にする際,月渓の挿絵跋文を加え,さらに 13年後に原本模刻出版した。発句俳文とが調和した蕪村の傑作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しんはなつみ【新花摘】
江戸後期の発句・俳文集。1冊。与謝蕪村著。寛政9年(1797)俳句のほか怪異談が多く、俳論見聞録なども収録。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんはなつみ【新花摘】
俳諧句文集。与謝蕪村著。1797年(寛政9)刊。蕪村は其角の《華摘》にならって亡母追善の夏行(げぎよう)を発起し,1777年(安永6)4月8日より発句1日10句の詠を続けたが,16日間で中絶,その後余白を利用して関東や丹後の修業時代の回想的諸話を俳文に仕立てた。これに月渓の挿絵7葉を加えて没後出版したもの。発句編は137句で,鎮魂の情を秘めるものの,華麗な秀句が多く,ことに若葉牡丹すし)の群作が際だつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しんはなつみ【新花摘】
俳諧句文集。一冊。与謝蕪村作。1797年刊。其角の「花摘」にならい亡母追善の意で、1777年の夏に得た句を集め、回想記・俳話その他を収めたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しんはなつみ【新花摘】
発句・俳文集。一冊。与謝蕪村著。挿絵、月渓。寛政九年(一七九七)刊。天明四年(一七八四)跋。安永六年(一七七七)一夏中の発句を書きとめようとして四月八日から記録しはじめたものだが、病気のため中断、後半を随筆風な文で継続した。俳論をはじめ見聞録や怪異談を収める。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新花摘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新花摘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation