@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新進化主義【しんしんかしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新進化主義
しんしんかしゅぎ
neo-evolutionism
1940年以降アメリカで生れた文化人類学の理論の1つ。 19世紀後半の単系的文化進化論と区別していう。これまで進化論の主眼が歴史の再構成にあったのに対し,文化の多様性を理解するための枠組みとして進化概念を援用した。その先駆者の1人 L.A.ホワイトは,文化進化の段階を年間1人あたりのエネルギー使用量とそれを効率的に使う技術を指標として区分した。一方,J.H.スチュワードは,生態学的環境を重視し,エネルギー量は同じでも文化は技術と環境の違いによって多様な進化経路をたどりうるという多系進化論を提唱。次いで第2世代を代表する E.R.サービスと M.サーリンズは,両者の理論の統合を目指して「一般進化」と「特殊進化」に大別し,文化の異なる側面を取上げる相互補完的な概念として主張した。新進化主義は,その後の生態人類学形成に多大な影響を及ぼしてきたといえる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんしんかしゅぎ【新進化主義】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

新進化主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新進化主義の関連情報

関連キーワード

大庭秀雄清水宏ファッション・ブックアフリカン・アメリカン音楽エリセ斎藤寅次郎島津保次郎新体制運動豊田四郎久松静児

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation