@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新重商主義【しんじゅうしょうしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新重商主義
しんじゅうしょうしゅぎ
new mercantilism
(1) 1930年代の世界恐慌を起因とする保護主義,近隣窮乏化政策と,(2) 第2次世界大戦後のアメリカを中心とするグローバリズムが後退し,各国間の通貨通商をめぐる経済的摩擦が表面化してきた 70年代の経済ナショナリズム台頭とをさす。 (旧) 重商主義貴金属蓄積国富の基本とし,国家権力による産業保護,輸入抑制・輸出促進策をとったのに対し,新重商主義は経済成長鈍化,失業インフレーション,国際収支赤字を解消するために自由貿易主義を放棄し,保護貿易主義をとる経済ナショナリズムの動きである。なお新重商主義という言葉は,1965年に「新しい重商主義」 The New Mercantilismと題して行なった J.V.ロビンソンのケンブリッジ大学教授就任講演に由来する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐じゅうしょうしゅぎ〔‐ヂユウシヤウシユギ〕【新重商主義】
neo-mercantilism》18世紀末以降、フランス・アメリカ・ドイツなどが採った保護貿易政策。
new mercantilism》第二次大戦後、先進諸国が経済ナショナリズム傾向をもち、貿易収支黒字にしようとこぞって努めてきた政策重商主義に似ていることから、J=ロビンソンによって名づけられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐じゅうしょうしゅぎ ‥ヂュウシャウシュギ【新重商主義】
〘名〙 (neomercantilism の訳語) 一九世紀末に現われた保護貿易などの国家の経済干渉政策で、現象的に重商主義と類似しているところから呼ぶ語。重商主義が原始的蓄積政策であったのに対し、独占資本の政策である点で基本的性格が異なる。また、第二次世界大戦後、先進工業諸国がとった経済成長政策をさすこともある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新重商主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新重商主義の関連情報

関連キーワード

斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation