@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

新長谷寺【しんはせでら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

新長谷寺
しんはせでら
鎌倉市長谷にある浄土宗の寺。通称は長谷観音奈良県桜井市長谷寺の徳道上人が開基した。本尊は『十一面観世音菩薩』。北条足利,徳川各氏の帰依を受け,保護された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんちょうこくじ【新長谷寺】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

新長谷寺
しんちょうこくじ
岐阜県関市長谷寺(はせでら)町にある真言(しんごん)宗智山(ちさん)派の寺。吉田山(きったさん)と号する。本尊は十一面観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)。通称吉田観音(かんのん)。1222年(貞応1)空海第4世法孫の護忍(ごにん)が後堀河(ごほりかわ)天皇の勅願を受けて開創。縁起によると、観音像は大和(やまと)(奈良県)長谷(はせ)寺で修行していた護忍が夢のお告げにより帰庵(きあん)し、端麗な尊像を得たもので、のち新長谷寺の寺号を賜ったと伝える。国家鎮護の道場として栄えたが、1300年(正安2)焼失して再建、その後室町中期にも火災にあったが補修されて諸堂完備した。本堂、三重塔(国重要文化財)などは美濃(みの)の法隆寺ともたたえられている。寺宝の木造十一面観音像、厨子(ずし)入阿弥陀如来(あみだにょらい)像(鎌倉時代。厨子扉の裏には一面に仏画を研出蒔絵(とぎだしまきえ)で表す)は国重要文化財。[祖父江章子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新長谷寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

新長谷寺の関連情報

他サービスで検索

「新長谷寺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation