@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

方位角【ほういかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

方位角
ほういかく
azimuth
地平座標において,天球上の一点と天頂を含む大円が地平線と交わる点と,真南方向との間のを,その点の方位角といい,西回り,すなわち観測者にとっての向きをの向きをとしてそれぞれ 180°まではかる。天体の天球上の位置は,この方位角と高度によって定められる。天文学以外で使われる方位角は北から東回りに0°から 360°まではかられ,方位と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうい‐かく〔ハウヰ‐〕【方位角】
観測者の立つ位置を通る子午線と、ある天体を通る垂直圏とがなす角。天文学では南を零度として西回りに、測地学では北を零度として東回りに測る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほういかく【方位角 azimuth】
目標とする点が東西南北などのどの方位にあるかを厳密に表すために使われる角。地平座標の一つで,高度とともに用いられることも多い。天文学では南を0度として西,北,東とまわる向きで目標点までの角度を測って方位角とするが,測地学やその他の場合には,まわる向きは同じでも,北を0度として測る。南を0度とすれば,西,北,東の方位角はそれぞれ90度,180度,270度である。【長沢 工】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

方位角
ほういかく

地平座標系において、地平線に沿って測った天体の方向を示す角をいう。より詳しくいえば、天頂と天体(星)を通る大円(経線)が地平線と交わる点の方向を示す角である。方位角(単に方位ということがある)は、地平線上の北点または南点を起点として、東西いずれの方向へ測ってもよいが、北半球では、北点から東回りに測るのがもっとも普通である。

[大脇直明]

『太田晃著『北極星・太陽による方位角測定の実際』(1986・日本測量協会)』『暦計算研究会編『新こよみ便利帳――天文現象・暦計算のすべて』(1991・恒星社厚生閣)』『海津優・大瀧茂・後藤勝広著『基準点測量』(1999・山海堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうい‐かく ハウヰ‥【方位角】
〘名〙
① ある方向と天頂とを含む平面が基準の方向となす角。基準の方向としては一般に南または北、時に東および西をとる。〔工学字彙(1886)〕
② =へんかく(偏角)④〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

方位角」の用語解説はコトバンクが提供しています。

方位角の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation