@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

方便【ほうべん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

方便
ほうべん
upāya
仏教用語。原義は近づく,到達するの仏陀衆生を導くために用いる方法,手段,あるいは真実に近づくための準備的な加行 (けぎょう) などをいう。転じて「嘘も方便」などの用例にみられるように,目的のために用いられる便宜的手段などをいうこともある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

た‐ずき〔たづき〕【方便/活計】
《「手(た)付(つ)き」の意。「たつき」とも》
生活の手段。生計。
「此地に善き世渡の―あらば」〈鴎外舞姫
事をなすためのよりどころ。たより。よるべ。
「言ふすべの―もなきは我が身なりけり」〈・四〇七八〉
ようす。状態。また、それを知る手がかり。
「世の中の繁き仮廬(かりほ)に住み住みて至らむ国の―知らずも」〈・三八五〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た‐どき【方便】
たずき」に同じ。
「立ちて居て―を知らにむら肝(きも)の心いさよひ」〈・二〇九二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐べん〔ハウ‐〕【方便】
[名・形動]
《〈梵〉upāyaの訳。近づく意》仏語。人を真実の教えに導くため、仮にとる便宜的な手段。
ある目的を達するための便宜上の手段。「うそも方便
(多く「御方便」の形で)都合のよいさま。
「でも、御―なものだ」〈藤村新生

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た‐つき【方便】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうべん【方便】
一般的には〈方法〉〈巧みなてだて〉ということ。ただし,仏教で方便を用いる場合は基本的に,すぐれた教化(きようけ)方法,サンスクリットのupāya‐kauśalya(善巧方便)ということであり,衆生を真実の教えに導くためにかりに設けた教えの意味である。経典・論釈のみならず,文学作品などに用いられる場合,微妙な意味の変化がみられるが,基本の意味をふまえることによって理解できよう。とくに《法華経》では方便を開いて真実をあらわすことが大きなテーマになっており,〈方便品〉では〈三乗(さんじよう)が一乗(いちじよう)の方便である〉という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

方便
ほうべん

サンスクリット語のウパーヤupāya(近づく、到達する意)の訳。仏教の教えや実践がむずかしくて、一般の人々に理解しがたく実行しがたいのを、彼らを教え導いて、仏教に親しみ、仏教の本旨に到達させるために考案された巧みな手段をいう。とくに仏教が民衆化した大乗仏教において、さまざまな方便が語られ、大乗仏教経典は「方便品(ほん)」を設けている例が少なくない。とくに『法華経(ほけきょう)』のそれは名高い。方便が非常に重要視されて、六波羅蜜(ろっぱらみつ)に次いで方便波羅蜜(はらみつ)がたてられることもあり、密教は方便を究竟(くきょう)(最高)とする。また中国仏教では、方便のあり方を種々に分類する。のち俗語に転化し、「嘘(うそ)も方便」などと、目的に対して利用される便宜的な手段、過渡的な方法をいい、日本語ではかならずしもよい意味だけに用いられるとは限らない。

[三枝充悳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

た‐どき【方便】
※万葉(8C後)五・九〇四「思はぬに 横しま風の にふふかに 覆ひ来ぬれば せむすべの 多杼伎(タドキ)を知らに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう‐べん ハウ‥【方便】
[1] 〘名〙
① (upāya の意訳) 仏語。仏教で、下根(げこん)の衆生を真の教えに導くために用いる便宜的な手段。また、その手段を用いること。法便。
※法華義疏(7C前)一「凡虚妄者、非善言善、非悪言悪、欲前人是名虚妄、如来雖復非三面三、只欲物、可方便、何是虚妄」
※観智院本三宝絵(984)下「もしよの人の畜生をころさむをみん時は方便してすくひたすけよ」
② とくに、密教では、自利と利他、向上と向下の両義にとり、自利、利他の実践を完成することとする。〔大日経‐一〕
③ 目的のために利用される一時の手段。また、その手段を用いること。てだて。たばかり。計略。「嘘も方便」
※続日本紀‐和銅四年(711)五月辛亥「其雖位、逗留方便、違主失礼、即追其位、還之本貫
※太平記(14C後)三二「何にもして南山より盗出し奉らんと方便(はうベン)廻されけれ共」
[2] 〘形動〙 都合のよいさま。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)三「ホンニホンニ御方便(ホウベン)な物でございます」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た‐ずか ‥づか【方便】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

方便」の用語解説はコトバンクが提供しています。

方便の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation