@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

方法論争【ほうほうろんそう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

方法論争
ほうほうろんそう
Methodenstreit
歴史的には,通常 1880年代初期のオーストリア学派の C.メンガー新歴史学派の G.シュモラーとの間の経済学の方法論に関する論争をいう。メンガーの著書『社会科学の方法に関する研究』 (1883) に対してシュモラーが書評の形で反論し,またメンガーが『歴史主義の誤謬』 Die Irrthumer des Historismus (84) において再反論を加えた。争点は,社会科学あるいは経済学において自然科学のような厳密な意味での法則が存在するか否かということにあった。メンガーは理論的な考察の必要性を強調したが,シュモラーは今日の時点ではそのような法則は望みえないとし,さしあたり経験的な事実の収集に努めるべきだとした。のちに歴史学派巨匠 L.ブレンターノとオーストリア学派の第2世代にあたる E.ベーム=バウェルクとの間にも類似の論争が繰返された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうほうろんそう【方法論争】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

方法論争」の用語解説はコトバンクが提供しています。

方法論争の関連情報

関連キーワード

紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ロダンブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学ソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)ゾラ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation