@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【タビ】

デジタル大辞泉

たび【旅】
住んでいる所を離れて、よその土地を訪ねること。旅行。「かわいい子にはをさせよ」
「日々―にして―を栖(すみか)とす」〈奥の細道
自宅を離れて臨時に他所にいること。
「あるやうありて、しばし、―なる所にあるに」〈かげろふ・上〉
[下接語]御(お)旅帰らぬ旅神の旅死出の旅長旅・俄(にわか)旅・一人旅船旅股(また)旅・宿無し旅
[補説] 
2015年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」キャンペーンでの「旅」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆心に栄養をくれるもの。
みみさん

◆行く時はうきうき、帰ってきた時はくたくた、でもまたわくわくしてくるもの。
Kouheiさん

◆日頃の自分とは違う、心の奥底に眠っている自分を思う存分解放させてあげる時間。
ぷくさん

◆不足している何かを求め行動すること。何かとは旅によって異なり、それが意外なものである場合や、見つからないことなどもある。
kamekoさん

◆異邦人の舌。海外旅行中など日本を遠く離れると、日本食が恋しくなったり、特別に美味しいと感じること。
ひのもとさん

◆実際に、あるいは想像上で、時間と空間の移動をすること。元のところに帰ってくることが前提になっているので、移動したまま戻らないことは旅とは言わない。
らんるるさん

◆本当の自分なるものを見つけるためではなく、自分が変わっていけることに気づくためなされる試行錯誤。
パスキュラさん

◆想像を働かせ、感じること、触れること、見つめること、澄ますこと。そして、受け入れること。
ゆずさん

◆普段の生活とは異なる環境に身を置き、人と出会い、その土地特有の空気に触れることによって、新しい価値観や視点を得ることができ、これまでの自分を振り返り、これからの自分への活力となるきっかけを与えてくれるもの。
daisukeさん

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょ【旅】
中国、代の軍制で、兵500人を一団とした軍隊。五旅で一師、五師で一軍を編制した。
軍隊。
「東西に陣を張り、南北に―を屯(たむろ)す」〈太平記・一五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょ【旅】[漢字項目]
[音]リョ(漢) [訓]たび
学習漢字]3年
〈リョ〉
隊を組んでよその土地へ行くこと。広く、たび。たびびと。「旅館旅客旅行旅情旅装旅費羈旅(きりょ)逆旅(げきりょ)行旅
隊を組んだ兵士。軍隊。「旅団軍旅師旅
〈たび〉「旅路旅人船旅
[名のり]たか・もろ
[難読]旅籠(はたご)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

株式会社新潮社が発行していた旅行情報誌。奇数月20日発売。日本旅行文化協会(現在のJTB)が機関誌として1924年に創刊。太平洋戦争中の休刊を経て、1946年より日本交通公社から復刊。のちに新潮社に編集・発行権が引き継がれ、2005年からは女性向け誌面となる。2012年1月発売の3月号をもって休刊。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たび【旅】

【旅の意義
 われわれは日常,いわゆる手のとどく範囲内の限られた人や事物との関係性の中で,所用をつくり所用に迫られて生活している。ときにいや気がさしてこの関係世界から離脱し,旅に出たくともそれは容易に可能なことではない。日常的生活の拘束性の下にあるという現実は,移動をその生活形式としている遊牧民遠隔地商人でも例外でなく,たとえ移動生活が身上であれ,その移動は所用による移動であって,本来の旅とは区別されねばならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たび【旅】
住んでいる所を離れてよその土地へ出かけること。名所旧跡を訪ねたり、未知の場所にあこがれて、また遠方への所用のため、居所を離れること。旅行。 -に出る かわいい子には-をさせよ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょ【旅】
中国、周代の軍団の単位。兵五〇〇を一旅とし、五旅を一師、五師を一軍とする。また、一般に軍隊をさす。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


たび

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たび【旅】
〘名〙
① 住む土地を離れて、一時、他の離れた土地にいること。また、住居から離れた土地に移動すること。
万葉(8C後)一五・三六七四「草枕多婢(タビ)を苦しみ恋ひをればかやの山辺にさ男鹿鳴くも」
※大慈恩寺三蔵法師伝永久四年点(1116)一「中間に師の為に行(タヒ)の服を営造す」
② 自宅以外の所に、臨時にいること。よその土地へ行かない場合でもいう。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「御即位に参りてはべりしままに、院のかくたびにおはしますだに参らず」
③ 自分の住んでいる土地でない、よその土地。他郷。
飛騨街道(1919)〈江馬修〉「他国(タビ)から悪い奴がどんどん入って来るぢゃらう」
祭礼で、神輿本宮から御して一時とどまる所。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たび‐・する【旅】
〘自サ変〙 たび・す 〘自サ変〙 住む土地を離れて、一時、他の土地へ行く。未知の土地を移り歩く。たびに出る。
※古今著聞集(1254)一六「彼入道旅せむとて、人にを借りて、其下人してとりにやりたりけり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょ【旅】
〘名〙
① 中国、周の時代に、兵士五〇〇人を一団とした軍隊。五旅を一師、五師を一軍とした。転じて、軍隊。
三教指帰(797頃)下「鼓蝨皮而驚陣、旗蚊羽以標旅」 〔詩経‐大雅・皇矣〕
② 易の六十四の一つ。 上卦は離(火)、下卦は艮(山)。火山旅とも。火が山を焼くと次々と燃え移って止まらないように、旅人が転々と宿舎を移るさま。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation