@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旗下【キカ】

デジタル大辞泉

き‐か【旗下】
大将の旗印のもと。また、大将の支配下。「将軍の旗下に馳せ参じる」
特定の考え方の影響下。
「科学万能の―に奔趨(ほんすう)したれども」〈抱月・囚はれたる文芸〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はた‐した【旗下】
旗頭(はたがしら)の下に直属すること。また、その人。麾下(きか)。はたもと。
「まさしく我れ等―に極まり候ふ間」〈甲陽軍鑑・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐か【旗下】
〘名〙
① ある大将の旗じるしのもと。転じて、ある大将の支配下。また、将軍直属の家来。麾下(きか)
※山谷詩集鈔(1647)二「ここは徳孺が旗下の諸将どもは、なにとまり草枯時分に夷をこないてくれうと思ぞ」 〔後漢書‐耿弇伝〕
② 転じて、特定の考え方の影響下。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉三「甲は急進党、夙(つと)に自由の空気を呼吸した慷慨激烈の徒は、争ふて此の旗下(キカ)に立って居た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はた‐した【旗下】
〘名〙 旗頭の下に属すること。また、その人。麾下(きか)。はたもと。〔文明本節用集(室町中)〕
※甲陽軍鑑(17C初)品五「此辺の諸士、悉く我等の旗下(ハタシタ)に、と上意にて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旗下」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旗下の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation