@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旗本【はたもと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

旗本
はたもと
元来は戦場にあって主君を護衛する直属武士団をさしたが,江戸時代には将軍家直属の家臣のなかで1万石以下,御目見 (おめみえ) 以上の者をいい,将軍から土地あるいは蔵米を給与された。諸藩の家臣と違って,実際に土地を与えられること (→地方知行 ) が多く,3000石以上の者は知行所陣屋を設置して支配にあたっていた。 3000石以下の者は支配権を幕府代官にゆだね,年貢だけを収納した。領地の司法権は非常に制限されており,重要な判決は幕府にまかせることが多かった。江戸に在住する義務があり,役職番方 (ばんかた) と役方 (やくかた) とがあった。無職で 3000石以上の者と布衣 (ほい) の者は寄合組 (よりあいぐみ) ,それ以下は小普請 (こぶしん) 組に編入された。総数は約 5000で,3000石以上が 250人いた。俗に「旗本八万騎」といわれるが,それは陪臣を含めた戦力の表現と考えてよかろう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

はた‐もと【旗本】
戦場で大将のいる本陣。本営。
大将に直属し、本陣を守る役目の武士。幕下(ばっか)。麾下(きか)。旗下(きか)。
江戸時代、将軍家直参(じきさん)で、1万石未満御目見(おめみえ)以上の武士。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

はたもと【旗本】
原義は軍陣で主将旗のある所(本陣)の意であるが,転じて主将の旗下にある直属の近衛兵をいう。江戸時代には,将軍の直属家臣である大名・旗本・御家人のうち,旗本は知行高1万石以下で将軍に謁見できる御目見(おめみえ)以上の格式の者を称した。旗本と御目見以下の家臣である御家人とを総称して直参(じきさん)または幕臣といった。ただし,同じく1万石以下の直臣ではあるが,名家の子孫で幕府の儀礼をつかさどる高家(こうけ)と参勤交代の義務をもつ交代寄合別格であり,老中支配に属した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

はたもと【旗本】
軍陣で大将のいる所。本陣。本営。
大将の近くにあってこれを護衛する家臣団。麾下きか
江戸時代、将軍直属の家臣のうち、禄高一万石以下で御目見おめみえ以上の格式を有する者。御目見以下の御家人とあわせて直参じきさんという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

旗本
はたもと
江戸時代1万石未満の幕臣の総称。将軍と謁見する資格のある者を旗本といい、ないものを御家人(ごけにん)という。もともと征夷(せいい)大将軍の唐名を幕下(ばっか)といい、旗本は帷幕(いばく)と軍旗を守る将士の意味で一般に使用された。江戸初期には旗本の語意は幕臣一般の総称として使われ、御家人との区別は明確でなかったが、17世紀後半以降、両者を分ける風が定着していった。公式文書では御目見(おめみえ)以上と書くことが多い。総数は約5200家。ほかに御家人は約1万7000家に上った。三河以来の譜代(ふだい)の士や分家、織田(おだ)氏や豊臣(とよとみ)氏以来の旧家の子孫や学問技芸により新たに召し出された者など多様な家で構成されていた。[佐々悦久]

知行形態

旗本の俸禄(ほうろく)には知行取(ちぎょうとり)と蔵米取(くらまいとり)があった。知行取は実際に領地が与えられるもので、蔵米取は直轄領から収納した蔵米のなかから決まった額の米を支給されるものである。知行取は武家本来の知行形態のあり方として意識され、望む者が多かった。このため大名の家臣では18世紀以降になると蔵米取が大部分を占めるのに対して、旗本の場合には知行取も多い。18世紀後半の知行取は2908人・275万石余、蔵米取は2030人・45万俵余となっている。蔵米取にはさらに切米(きりまい)取、現米(げんまい)取、扶持米(ふちまい)取の3種類があった。もっとも多いのが切米取で、俵高で示された。たとえば切米100俵は、1俵3斗5升の割合で計算され35石の米が幕府の米蔵から支給された。階層的には100俵から500俵が中心である。[佐々悦久]

非役と勤仕

旗本は江戸集住を原則とし武家諸法度(ぶけしょはっと)などにより幕府の統制を受けた。非役の者も多く、家禄の高と由緒に応じて交替寄合(こうたいよりあい)、寄合、小普請(こぶしん)などの溜(たまり)の役に編成され、無役御役金を上納することとされた。就職・昇進は寄合と小普請で異なり、家柄や家禄、父親の勤功、本人の特技などにより決定された。寄合は布衣(ほい)に相当する格式をもち、番士となることは少なく、中奥小姓(なかおくこしょう)などの役職についた。小普請の場合、そのなかに両番筋、無筋、大番筋などの番方各職に対応する家格があり、これにしたがって番士となるのがもっとも一般的である。[佐々悦久]

旗本知行所

知行取の旗本を地頭(じとう)といい、その領地を知行所、地頭所といった。知行所は近世を通して46か国にわたって分布している。うち約8割が関東地域に集中し、畿内(きない)、東海地域の順となっている。知行所はひとまとまりに与えられるのでなく、数か村に分散したり、相給(あいきゅう)といい一村を複数の領主で支配するのが一般的である。支配は陣屋か、もたない場合は有力な村役人を在役(ざいやく)に任命して行った。行政や司法は幕府に準拠して行われたが、なかには知行所法度を定めて基本法とした所もある。家臣は幕府の軍役規定に応じて抱えられたが、実際はずっと少なく、必要なときは日雇いにするか知行所に勤めさせた。財政は知行規模が小さいため初期から困窮し、近世を通してそれが恒常化していることが多い。[佐々悦久]
『新見吉治著『旗本』(1967・吉川弘文館) ▽鈴木寿著『近世知行制の研究』(1971・日本学術振興会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はた‐もと【旗本】
〘名〙
① 軍中で大将のいる所。本陣。本営。幕下。
※太平記(14C後)二六「将軍の御旗下(ハタモト)に輪違の旗打立て」
② 大将の旗の下にあって、これを守備する親衛軍。主君の麾下(きか)にいる直参(じきさん)の将士。本営に詰めている武士。幕下。麾下。旗下(きか)
※北条五代記(1641)一「鈴木大学頭は旗本の弓大将」
③ 将軍、大名などの家臣。主将の命令に服する自家・他家の士の総称。
※播州佐用軍記(1658‐61頃)上「小寺は〈略〉近年は芸州毛利輝元の旗下たり」
④ 江戸時代、幕府直参の士で、祿高一万石未満百俵以上で、将軍に御目見(おめみえ)する資格がある者の称。御家人に対する語。御目見以上ともいう。
※仮名草子・身の鏡(1659)上「江戸はたもとにて五両三両の扶持をとる歩若党のするわざなるを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

旗本
はたもと
江戸時代,将軍直属の家臣で,1万石未満,将軍に謁見(御目見 (おめみえ) )できる者
御家人とともに幕府の常備軍的性格をもち,江戸に居住。両者を直参 (じきさん) と総称。原則として知行地を有したが,その多くは幕府の代官が支配し,俸禄米だけを収納した。町奉行・遠国 (おんごく) 奉行など,役方・番方に分かれ幕府の役職についたが,非役の者は3000石以上を寄合 (よりあい) ,未満を小普請 (こぶしん) と呼んだ。俗に「旗本八万騎」と称されるが,享保年間(1716〜36)に旗本約5000,御家人約1万7000,それにそれぞれの家臣を含めて約8万人であった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旗本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旗本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation