@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

旗色【キショク】

デジタル大辞泉

き‐しょく【旗色】
《旗の色はその軍隊を示すところから》立場。また、態度。「旗色を鮮明にする」
戦いの形勢。はたいろ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はた‐いろ【旗色】
《戦場で旗のひるがえるようすによって戦況を知ったところから》戦いの形勢。また広く、事の成り行き。「味方の旗色が悪い」
所属を示す旗の色・形。転じて、自分の所属・立場。「旗色鮮明にする」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐しょく【旗色】
〘名〙
① (旗のしるしの意から) 行動の目標となる主義、主張。旗印(はたじるし)
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「彼女ほど明瞭に旗色鮮明に去って行った者はありませんでした」
② (戦場にひるがえる旗の様子を見て戦況を知るところから) 軍(いくさ)の形勢。戦いの模様。はたいろ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はた‐いろ【旗色】
〘名〙
① 旗、特に戦場での軍旗のひるがえる様子。それによって戦況を占ったところから、戦闘の形勢、また、ひろく物事のなりゆき、形勢をいう。
※甲陽軍鑑(17C初)品四「旗色を御覧じて、雲気烟気を見わけ」
② 所属を示す旗の色や形状。転じて、所属。立脚点。
※浮世草子・宗祇諸国物語(1685)三「其晩景稍くらく成て旗色(ハタイロ)も幽に物の色あひも定ならず両陣東西に退く」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旗色」の用語解説はコトバンクが提供しています。

旗色の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation