@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日ソ共同宣言【にっソきょうどうせんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日ソ共同宣言
にっソきょうどうせんげん
正式には「日本国とソビエト社会主義共和国連邦との共同宣言」。 1956年7~8月の重光全権団,9月の松本全権団に続いて 10月に訪ソした鳩山首相を団長とする全権団の交渉の結果,モスクワにおいて同月 19日に両国間で署名され,12月 12日発効した。発効とともに,日本はソ連をはじめとして東側諸国と国交を正常化した。宣言は,戦争状態の終結,外交関係の回復,国連憲章の原則の確認,相互の内政不干渉,日本の国連加盟の支持,抑留日本人の送還,戦時請求権と賠償の相互放棄,漁業条約の発効 (→日ソ漁業条約 ) ,漁業資源の保護などについて規定した。領土問題については意見の一致をみず,国交樹立後に平和条約締結交渉を継続することとし,平和条約締結後に,歯舞 (はぼまい) 諸島と色丹 (しこたん) 島などが日本に引渡される旨が明らかにされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

日ソ共同宣言
第2次大戦の日本とソビエト連邦の戦争状態を終わらせ、両国の外交関係を回復させた。1956年10月19日に調印され、両国議会の批准承認を経て12月12日に発効した。領土問題については「外交関係回復後も平和条約締結交渉を続ける」「平和条約締結後に、ソ連は日本に歯舞群島色丹島を引き渡す」とされている。
(2016-10-05 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日ソ共同宣言
第2次大戦の日本とソビエト連邦の戦争状態を終わらせ、両国の外交関係を回復させた。1956年10月19日に調印され、両国議会の批准承認を経て12月12日に発効した。領土問題については「外交関係回復後も平和条約締結交渉を続ける」「平和条約締結後に、ソ連は日本に歯舞群島と色丹島を引き渡す」とされている。
(2016-10-05 朝日新聞 朝刊 4総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

にっソ‐きょうどうせんげん【日ソ共同宣言】
昭和31年(1956)に調印された日本とソ連との間の共同宣言第二次大戦における両国間の戦争状態の終結、国交の回復、平和条約締結後に歯舞(はぼまい)群島色丹(しこたん)島を日本側に引き渡すことなどを規定。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にっソきょうどうせんげん【日ソ共同宣言】
日本の鳩山一郎首相とソ連のN.A.ブルガーニン首相によって1956年10月に発せられた共同宣言。サンフランシスコ講和会議以降も,平和条約が締結されなかった日本とソ連の間には,国際法上は第2次大戦における戦争状態がつづいていた。朝鮮戦争後,平和共存の時代に入り,ソ連における対日国交正常化の機運が高まった。当時,日本の保守政党は,鳩山を総裁とする民主党と吉田茂を総裁とする自由党に分立し,党人政治家としての鳩山は官僚政治家としての吉田に対抗,両者の対立点の一つは社会主義国との国交回復を含む自主外交の主張にあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にっソきょうどうせんげん【日ソ共同宣言】
1956年(昭和31)、モスクワで締結された、日ソ間の共同宣言。これにより、両国間の戦争状態が終結し、国交が回復。賠償その他の戦争請求権の相互放棄などは合意をみたが、領土に関する両国間の主張がくいちがっていたため、平和条約締結には至らず、共同宣言の形をとり、平和条約の交渉は継続されることになった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日ソ共同宣言
にっそきょうどうせんげん
1956年(昭和31)10月19日に署名され、12月12日批准書が交換されて発効した「日本国とソヴィエト社会主義共和国連邦との共同宣言」。吉田茂内閣にかわって登場した鳩山一郎(はとやまいちろう)内閣は、当時、ソ連との国交回復を外交方針に掲げ、1955年6月からロンドンで松本俊一(まつもとしゅんいち)代表とマリク代表との間で会談を開始せしめたが、領土問題で行き詰まり、1956年3月に無期休会となった。同年7月、モスクワで重光葵(しげみつまもる)外相とシェピーロフ外相との交渉が再開され、その結果、平和条約の締結を棚上げして、共同宣言に合意するに至った。その内容は、(1)戦争状態の終結、(2)外交・領事関係の回復、(3)国連憲章の原則、自衛権、内政不干渉の原則の確認、(4)日本の国連加入の支持、(5)日本人抑留者の送還、(6)賠償請求権の放棄などであるが、もっとも重要なのは平和条約と領土に関する部分で、宣言は「正常な外交関係が回復された後、平和条約の締結交渉が継続される」こと、およびソ連が歯舞(はぼまい)・色丹(しこたん)を日本に「平和条約が締結された後、現実に引き渡す」ことを規定している。[石本泰雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっソ‐きょうどうせんげん【日ソ共同宣言】
昭和三一年(一九五六)一〇月、モスクワで調印された、日本とソ連との間の戦争状態を終結し、国交を回復させるための共同宣言。賠償その他の戦争請求権の相互放棄などを決めている。両国間の北方領土に関する主張が食い違っていたため、一般的には平和条約を結ぶべきところを共同宣言方式とした。平和条約締結の交渉は継続されている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日ソ共同宣言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日ソ共同宣言の関連情報

他サービスで検索

「日ソ共同宣言」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation