@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日光皮膚炎【にっこうひふえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日光皮膚炎
にっこうひふえん
solar dermatitis; sunburn
いわゆる日焼けのこと。過度の日光照射による病変で,数時間後に被照射部に一致して発赤,浮腫性紅斑,水疱が生じる。水疱の被膜は薄く,のちに屑する。これらの炎症症状が治まるとともに色素沈着が起る。長時間にわたり広範囲に日光照射を受けると熱射病になる。日光皮膚炎は,色白の人,先天性素因に基づく光線過敏症者,光線過敏性薬物 (ソラレンテトラサイクリンサルファ剤クロルプロマジン香料コールタールなど) を使っている人に起りやすい。内因性光線過敏性皮膚炎のうち,日光の当る部位に一致して湿疹性病変が生じるものは日光湿疹という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にっこうひふえん【日光皮膚炎】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日光皮膚炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日光皮膚炎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation