@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日吉(京都府)【ひよし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

日吉(京都府)
ひよし

京都府中央部、船井郡(ふないぐん)にあった旧町名(日吉町(ちょう))。現在は南丹市(なんたんし)の中西部を占める一地区。旧日吉町は1955年(昭和30)世木(せぎ)、五ヶ荘(ごかしょう)、胡麻郷(ごまごう)の3村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)園部(そのべ)、美山(みやま)、八木(やぎ)の3町と合併、市制施行して南丹市となる。丹波(たんば)高地のほぼ中央に位置する山間地。JR山陰本線が通じる。北西に古代胡麻牧が置かれた小盆地があり、北流する由良(ゆら)川水系と、南流する大堰(おおい)川水系との平地分水界をなしている。日吉ダムの完成によって、大堰川に沿う一部の地区が水没した。農林業を主とし、酪農、シイタケ栽培などが行われる。過疎化が進んでいる。

[織田武雄]

『『日吉町誌』全2巻(1987~1990・日吉町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日吉(京都府)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日吉(京都府)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation