@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日和見【ヒヨリミ】

デジタル大辞泉

ひより‐み【日和見】
有利なほうにつこうと、形勢をうかがうこと。
空模様を見ること。また、その役の人。
「夢もむすばずありしに、―に起こされ」〈浮・一代男・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひよりみ【日和見】
日和は天気をさす。日和見は天気の状況をうかがうことであり,江戸時代には各地の近くの小高い丘に日和見を行う場所があり,日和(ひより)山という地名が付せられている。十二支の方角石が置かれており,日和見の人がこの場所に立ち,風の向き,雲の動き,の速さなどをおしはかり,航海するのコースをいろいろと検討したのである。日和見の名人といういい伝えも残っており,港の船頭船問屋主人がしばしば行ったとされている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひよりみ【日和見】
物事のなりゆきを見て、有利な方につこうとすること。洞ヶ峠ほらがとうげ
天候のようすを見ること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひより‐み【日和見】
〘名〙
① 天候の状態を観測すること。また、その人。特に和船の航海では好天順風を第一条件とするため、常に空模様を予測する必要があり、その技術に長じることが船頭の重要な資格とされた。
※俳諧・洗濯物(1666)一「日和見のならひの外や花ぐもり〈正隆〉」
② 周囲の形勢をうかがい、自分の態度を積極的に決定しないこと。事のなりゆきによって去就を決めようとすること。
※俳諧・見花数寄(1679)「摺子木の先は南へ傾きて〈一鶴〉 前句の逃れ知らぬ日和見〈西国〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日和見」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日和見の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation