@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日展【ニッテン】

デジタル大辞泉

にっ‐てん【日展】
《「日本美術展覧会」の略称》美術団体の一。また、その主催する美術展。日本画、洋画彫刻、工芸美術、書の五つの部門がある。昭和21年(1946)文展文部省美術展覧会)を継いで発足。昭和33年(1958)以後、社団法人組織となり、民間団体として運営。平成24年(2012)、公益社団法人に移行。→文展官展

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

日展
前身の「文展」を含め106年の歴史を持つ。公益社団法人「日展」が開催し、毎年秋の東京展には約1カ月で16万~18万人が来場する。今年度の第45回日展の書は1万229点から10%の974点が入選した。特選は日本画(9点)以外各10点ずつ。
(2013-10-30 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

にってん【日展】
日本美術展覧会の略称で,文展を継いで1946年に発足,58年から社団法人日展が運営している。1907年に文展(文部省展覧会)として出発した官展は,19年に帝展,37年に新文展に改まり,45年の敗戦を迎えたが,46年春,文部省主催による日本美術展覧会すなわち日展として再出発した。構成は従来どおり日本画,洋画,彫塑,美術工芸の4部であった。その後,占領軍のプラマー美術顧問の官設美術展民主化についての談話発表などがあり,48年に日本芸術院の主催となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にってん【日展】
美術団体の一。また、その団体が開催する展覧会。1907年(明治40)官展として始められた文展は、のち帝展・新文展と改組し、46年(昭和21)には日展(正式には日本美術展覧会)となったが、58年官営から民営となり社団法人「日展」となった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日展
にってん
総合美術団体。日本美術展覧会の略称。その前身は、1907年(明治40)に開設された文部省美術展覧会(文展)にさかのぼる。これは、政府の美術振興策の一環として施行された日本最初の官設展で、明治美術界に大きな影響を与えた。その後19年(大正8)帝国美術院が創設され、帝展(帝国美術院美術展覧会)となり、35年(昭和10)の松田文相による改組を経て、37年新文展へと継承される。第二次世界大戦後の46年(昭和21)からは日展(日本美術展覧会)と改称。さらに49年、戦後の民主化政策進行のなかで、日本芸術院と日展運営会の共催による半官展となり、58年には社団法人組織を採用、純粋な民間団体となった。その後、運営担当の役員幹部の刷新を図り、新世代の進出を促す目的で69年に組織を改組し、2000年(平成12)現在第32回展を記録しているが、いまだに、日本最大の総合美術団体として、野にあって野にあらずといった性格を有し、全体の傾向としても依然穏健な作風が主流となっている。日本画、洋画、彫刻、工芸美術、書の5部門を擁し、毎年11月に東京都美術館で公募展を開催、団体展中最高の入場者数を獲得している。[佐伯英里子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっ‐てん【日展】
美術団体の一つ。明治四〇年(一九〇七)設立の文展から帝展、新文展への改組を経て、昭和二一年(一九四六)日本美術展覧会(日展と略称)と改称。同三三年社団法人「日展」として民間団体となった。また、この団体の開く公募展を呼ぶ。《季・秋》

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

日展
にってん
「日本美術展覧会」の略称で,1946年から開催されている日本画・洋画・彫刻・工芸・書の展覧会
戦前の帝展を継承,1947年までは文部省主催であったが,'48年には日本芸術院主催となり,同年書が加えられた。'49年からは日展運営会の共催となったが官展臭が問題となり,'58年芸術院から分離した。作品傾向としては保守的作風が強い。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日展」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日展の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation