@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日数【ニッスウ】

デジタル大辞泉

にっ‐すう【日数】
何かをするのに要するひにちの。ひかず。「出発までの日数」「出席日数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐かず【日数】
日の数。にっすう。「日数を重ねる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっ‐すう【日数】
〘名〙 ひにちの数。経過する日の数。ひかず。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉四「今此一年を、日数にて数ふる時は、平年三百六十五日にして」 〔管子‐地図〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ‐かず【日数】
[1] 〘名〙
① 経過した、またはこれから要するひにちの数。にっすう。また、何日かの日の数。
※書紀(720)神代下(兼方本訓)「各、其の長短(なかさみしかさ)の随(まにまに)其の日数(ヒカス)を定む」
※源氏(1001‐14頃)明石「かたみにぞかふべかりけるあふことの日かすへたてん中のころもを」
② 死後、四九日目。中陰。また、その法要。
※増鏡(1368‐76頃)八「故院の御日かずも程なう過ぎ給ひぬ」
[2] 鎧(よろい)の名。
※保元(1220頃か)上「重代相伝仕って候月数・日数・源太が生衣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日数の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation