@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日暮れ【ヒグレ】

デジタル大辞泉

ひ‐ぐれ【日暮れ】
日の暮れるころ。夕暮れ。たそがれ。
日没後、太陽の中心が地平線下の7度21分40秒に来た時刻。→夜明け

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひぐれ【日暮れ】
一般にはたそがれどき,明るい星が見え始めるころをいうが,貞享暦の採用(1685)によって定着した社会時刻制度(不定時法)では〈明け六つ〉の夜明けとともに,時刻の起点〈暮れ六つ〉を定義するものとして厳密に用いられた。すなわち,貞享暦では,日の出の2刻半前を夜と境目としてその時刻を明け六つ,日没の2刻半後を日暮れと定義し暮れ六つとした。当時の天文学では1日を100等分し,その1を刻と称したので,2刻半は現代の時法で36分に相当する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

日暮れ
ひぐれ

太陽の中心の俯角(ふかく)が7度21分40秒にあたる時刻である。江戸時代、「宝暦(ほうれき)暦」以前は、日暮れは日の入り時刻に昏明(こんめい)分二刻半(現在の時間で36分)を加えた時刻であったが、「寛政(かんせい)暦」以後は、昏明分を一定としないで、京都で春分・秋分の日に日の入り後二刻半における太陽の俯角をもって昏明時の太陽の俯角と定めた。これを計算すると7度21分40秒となり、常用薄明の終わりころの時刻にほぼ相当する。

[渡辺敏夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日暮れ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日暮れの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation