@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本スポーツ協会【にほんすぽーつきょうかい】

知恵蔵mini

日本スポーツ協会
日本におけるアマチュアスポーツの統括団体。正式名称公益財団法人日本スポーツ協会。各競技団体や都道府県体育協会などから構成され、国民体育大会の開催、スポーツ指導者の養成、スポーツ少年団の育成、スポーツ医・科学の振興などを主な事業とする。アジア初の国際オリンピック委員会(IOC)委員である柔道家の嘉納治五郎(1860-1938年)により、国民体育普及・振興とオリンピック参加に向けた体制整備のため、1911年に大日本体育協会として創立された。48年、日本体育協会改称。52年、内部組織として日本オリンピック委員会(JOC)が設けられ、89年に分離独立した。2011年の創立100周年を機に現在の活動趣旨に合った名称への見直しが始まり、18年4月1日付で現名称に改められた。
(2018-4-3)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にほん‐スポーツきょうかい〔‐ケフクワイ〕【日本スポーツ協会】
アマチュアスポーツの振興により、国民の体力向上とスポーツ精神の涵養(かんよう)を目的とする組織。旧称、日本体育協会。各競技団体と都道府県体育(スポーツ)協会の統合組織で、明治44年(1911)設立の大日本体育協会を母体とする公益財団法人。平成30年(2018)現名称に変更。JSPO(Japan Sport Association)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本スポーツ協会
にほんスポーツきょうかい
Japan Sport Association; JSPO
日本のスポーツ競技団体,および都道府県の体育・スポーツ協会を統轄する組織。スポーツを振興し,国民体力の向上をはかり,スポーツ精神を養うことを目的とする。1912年ストックホルム・オリンピック競技大会への日本初参加にあたり,1911年「国民スポーツの振興」「国際競技力の向上」を目標に大日本体育協会として発足。初代会長は嘉納治五郎。当初陸上競技と水泳が中心だったが,1925年各種競技団体の連合組織となり,1927年財団法人格を得る。第2次世界大戦中の 1942年組織改編が行なわれ,競技団体を部会として組み込む政府の外郭団体,大日本体育会となった。1946年再び民間団体に改組し,1948年日本体育協会に改称。1960年全国都道府県の体育協会が加盟。1964年東京オリンピック競技大会,1972年札幌オリンピック冬季競技大会をそれぞれ開催した。アマチュアスポーツを統轄する組織としての活動・事業を前面に出してきたが,1986年のアマチュア規定(→アマチュア規程)の廃止と新たなスポーツ憲章の制定,1991年の日本オリンピック委員会 JOCの完全独立などをうけて,2005年には組織の規約からアマチュアの文言が,英語表記からも Amateurの文字が削除された。2018年名称から教育的な色彩の濃い「体育」が消滅し,日本スポーツ協会に改称した。国民体育大会,日本スポーツマスターズ大会等の開催,日本スポーツ少年団の運営,スポーツ指導者の養成,生涯スポーツの振興,国際スポーツ交流,スポーツ医学・科学研究などを活動の柱とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本スポーツ協会
にほんすぽーつきょうかい
Japan Sport Association

略称JASP。公益財団法人。1911年(明治44)7月、嘉納治五郎(かのうじごろう)を会長に大日本体育協会として発足。1925年(大正14)には従来の単一組織から全日本を代表する競技別団体をもって組織するよう改め、1927年(昭和2)財団法人となる。1948年(昭和23)日本体育協会となり、1952年日本オリンピック委員会を設けた。1960年には都道府県体育協会を加盟団体とした。1989年(平成1)、日本オリンピック委員会は分離独立した。2011年(平成23)公益財団法人に移行し、2018年現名称に変更。日本スポーツ少年団、総合企画、国民体育大会、指導者育成、地域スポーツクラブ育成、スポーツ医・科学、国際交流、広報・スポーツ情報システム、日本スポーツマスターズなどの委員会が設置されており、それぞれが事業を行っている。ほかに社会貢献活動推進事業として「日本フェアプレイ大賞」「東日本大震災復興支援スポーツこころのプロジェクト」「スポーツにおける暴力行為等相談窓口」などを実施・運営している。2017年度末の基本財産10億0100万円、2017年8月時点の加盟競技団体数59、都道府県体育(スポーツ)協会数47、関係スポーツ団体数7、準加盟団体数4。

[鈴木祐一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本スポーツ協会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本スポーツ協会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation