@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本原子力研究所【にほんげんしりょくけんきゅうじょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本原子力研究所
にほんげんしりょくけんきゅうじょ
原子力に関する研究を総合的に行なう研究所。原子力の基礎と応用の研究,原子炉の設計・建設・操作,核融合・放射線利用等の研究開発,原子力関係の研究者と技術者の養成訓練放射性同位元素の生産・販売などを行なう。 1955年に財団法人として設立され, 1956年特殊法人として発足した。本部は東京にあり,茨城県東海村の東海研究所に数基の各種原子炉が置かれた。ほかに,大洗研究所,那珂研究所,高崎研究所,関西研究所があり,1997年には兵庫県三日月町に理化学研究所共同で建設した大型放射光施設 (→SPring-8 ) の供用が開始された。 2005年核燃料サイクル開発機構との統合により,独立行政法人日本原子力研究開発機構となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にほん‐げんしりょくけんきゅうじょ〔‐ゲンシリヨクケンキウジヨ〕【日本原子力研究所】
原子力基本法に基づき、政府の監督下に原子力の基礎・応用に関する研究開発を行った特殊法人。昭和31年(1956)に設立。平成17年(2005)核燃料サイクル開発機構JNC)と統合され、日本原子力研究開発機構JAEA)となる。JAERI(ジャエリ)(Japan Atomic Energy Research Institute)。原研

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんげんしりょくけんきゅうじょ【日本原子力研究所】
原子力に関する研究等を総合的かつ効率的に行い,原子力の研究,開発および利用の促進に寄与することを目的として,原子力基本法および日本原子力研究所法に基づき,1956年6月に設立された特殊法人。核物理学,原子炉化学,燃料・材料等に関する基礎研究や軽水炉等の安全性研究,高温ガス炉(高温工学試験研究炉〈HTTR〉が1998年9月に臨界予定),核融合に関する研究開発(臨界プラズマ試験装置〈JT-60〉が1985年4月に運転開始),放射線利用研究(大型放射光施設〈SPring-8〉が1997年10月に供用開始)まで幅広い研究活動を行っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

にほん‐げんしりょくけんきゅうじょ ‥ゲンシリョクケンキウジョ【日本原子力研究所】
原子力に関する研究などを総合的・効率的に行なうため設けられた特殊法人。昭和三一年(一九五六)発足。国家予算と民間からの寄付、借入れによって運営され、原子力の基礎応用研究、原子炉の設計・建設・運転、技術者の養成、アイソトープの生産などを行なう。平成一七年(二〇〇五)、核燃料サイクル開発機構と統合し、独立行政法人日本原子力研究開発機構となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本原子力研究所
にほんげんしりょくけんきゅうじょ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本原子力研究所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本原子力研究所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation