@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本取引所グループ(株)【にっぽんとりひきじょぐるーぷ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本取引所グループ(株)
にっぽんとりひきじょぐるーぷ

株式、先物(さきもの)・オプション、商品先物などの金融商品を扱う日本の総合取引所。取引所を統括する持株会社であり、傘下に東京証券取引所、大阪取引所、東京商品取引所を擁する。英語名称はJapan Exchange Group, Inc.で略称はJPX。傘下取引所が扱う金融商品は、内外の株式から、上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(REIT)、株価指数先物、債券先物、電力先物、有価証券オプション、貴金属、ゴム、エネルギー、農産物・砂糖などの商品先物まで広範である。傘下には、日本取引所自主規制法人もあり、公正な売買・取引を確保し投資者を保護するため、金融商品の上場・上場廃止の決定や、会員の法令遵守状況の調査などの自主規制業務も行う。

 海外では株式や商品などを一体で運用する機関投資家が多く、総合取引所がこの受け皿となっている。日本では東京、大阪、名古屋など地域別に証券関連取引所が存在し、これとは別に商品先物を扱う東京商品取引所があり、それぞれの取引資格を満たし、各取引所に取引参加料を払うなど投資家の使い勝手が悪い状態が長く続いていた。このため日本政府は2007年(平成19)、株式、先物・オプション、商品先物を一括して扱う総合取引所構想を提唱。まず2013年に現物株に強い東京証券取引所グループ(東証グループ)と先物に強みをもつ大阪証券取引所(大証)が統合して日本取引所グループが発足。2019年(令和1)に東京商品取引所を傘下に収めた。この間、2013年に東証に現物株式市場を、2014年には大証にデリバティブ(金融派生商品)市場を集約し、大証を大阪取引所に商号変更した。2020年には貴金属、農産物などの商品先物を大阪取引所へ移管し、東京商品取引所は原油などの総合エネルギー取引所を目ざす。なお日本取引所の発足で、札幌、名古屋、福岡の3取引所の存在感は低下している。所在地は東京都中央区日本橋兜町(かぶとちょう)、資本金115億円、従業員数は1221人(2019年10月時点)。

[矢野 武 2020年3月18日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本取引所グループ(株)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本取引所グループ(株)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation