@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本国際賞【にほんこくさいしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本国際賞
にほんこくさいしょう
Japan Prize
科学技術の分野で重要な貢献を果たした研究に贈られる松下幸之助松下電器産業の提供した基金により 1982年に設立された国際科学技術財団が閣議了解を得て創設し,1985年に第1回授賞式を行なった。科学技術において独創的で飛躍的な成果をあげ,科学技術の進歩に大きく寄与し,人類の平和と繁栄に著しく貢献したと認められる国内外の科学者らに贈られる。ノーベル賞の対象が基礎研究であるのに対し,この賞は実用面で重要な寄与をした研究が対象。毎年二つの分野を授賞対象分野として指定し,原則として各分野 1件,1人に対して授与される。第1回の受賞者は,アメリカ合衆国のジョン・ロビンソン・ピアース(情報通信分野)とイスラエルのエフライム・カツィール(バイオテクノロジー分野)であった。国際的に権威を認められる賞となることを目指しており,副賞賞金は 5000万円。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

日本国際賞
パナソニック創業者、松下幸之助氏の寄付で1985年に始まった。対象は「物理化学工学」「生命農学医学」の2領域。今年は半導体レーザーを研究した末松安晴東京工業大栄誉教授(81)にも贈られる。授賞式は4月23日。
(2014-03-13 朝日新聞 朝刊 科学1)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

にほん‐こくさいしょう【日本国際賞】
科学技術の分野で成果をあげた研究者に贈られる賞。松下幸之助からの寄付をもとに昭和58年(1983)創設、昭和60年(1985)に第1回授賞式が行われた。「物質材料生産」分野と「生物生産、生命環境」分野から、それぞれ国内外の存命の研究者を対象に受賞者が選ばれる。ジャパンプライズ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本国際賞
にほんこくさいしょう
Japan Prize

科学技術分野で独創的・飛躍的な成果をあげ、科学技術の進歩に大きく寄与し、人類の平和と繁栄に著しく貢献した人物に対し、国際科学技術財団が贈る日本の賞。「日本にもノーベル賞のような賞が必要だ」との構想を基に、1985年(昭和60)から授与が始まった。「物理・化学・工学」領域と「生命・農学・医学」領域があり、各領域について年ごとの授賞分野を選定・発表する。授賞分野の選定から3年かけて、内外から推薦された500~1000人を審査し、受賞者を選ぶ。ノーベル賞が基礎科学に重点を置くのに対し、日本国際賞は実用性を重視するという特徴がある。授賞対象者は生存者のみで、受賞者には賞状、メダルと分野ごとに賞金5000万円が贈られる。受賞式には天皇と皇后、内閣総理大臣、衆参両院議長、最高裁判所長官らが出席する。

 1981年、鈴木善幸政権の総理府総務長官中山太郎(1924― )が「戦後日本の復興は国内外の科学技術に負うところが大きく、国際社会への恩返しの意味で、日本にノーベル賞並みの世界的な賞の創設を」と提言し、この構想に賛同した松下電器産業(現、パナソニック)創業者の松下幸之助が私財を寄付して実現した。1982年に運営主体となる日本国際賞準備財団(現、国際科学技術財団)が発足し、1983年に閣議決定し、1985年に第1回受賞者を発表した。2013年(平成25)までに81人に日本国際賞を贈っており、このうち10人がノーベル賞を受賞している。ノーベル賞の登竜門としては、アメリカのラスカー賞Albert Lasker Basic Medical Research Awardやフランクリン・メダルBenjamin Franklin Medal、イスラエルのウルフ賞Wolf Prizeなどがあるが、日本国際賞はこれに準じた賞として知名度があがっている。なお日本には日本国際賞のほか、稲盛財団が運営する京都賞Kyoto Prizeがあり、先端技術、基礎科学、思想・芸術の3分野で授賞者を決定している。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本国際賞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本国際賞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation