@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本学術振興会【にほんがくじゅつしんこうかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本学術振興会
にほんがくじゅつしんこうかい
1932年 12月財団法人として創設。天皇下賜金,政府補助金および民間の寄付金をもって学術研究奨励事業を行なってきた。第2次世界大戦後数年間事業の縮小を余儀なくされていたが,混乱期を脱するとともに財界,産業界,文部省などからの費用をもって事業を復興。 1967年9月日本学術振興会法制定により特殊法人に改組された。 2003年 10月,独立行政法人移行。研究助成,研究者養成のための援助,学術の国際交流の推進,学術の社会的協力・連携の推進などの事業を行なうほか,国際生物学賞の事務局にもなっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

日本学術振興会
前身は1932年に発足した財団法人で、67年に日本学術振興会法に基づく特殊法人となった。2003年に独立行政法人として新たなスタートを切った。初期は研究者の国際交流を主な業務としていたが、96年に「未来開拓」と名付けられた研究助成事業を始め、研究費配分事業も担うようになった。大学にいる研究者に主に配分される科学研究費補助金(科研費)についても、99年から担当している。
(高橋真理子 朝日新聞記者 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

にほん‐がくじゅつしんこうかい〔‐ガクジユツシンコウクワイ〕【日本学術振興会】
学術の振興、学術に関する国際交流、研究者の育成などを行う文部科学省所管の独立行政法人。昭和7年(1932)財団法人として設立。昭和42年(1967)特殊法人となり、平成15年(2003)独立行政法人化学振JSPS(Japan Society for the Promotion of Science)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

産学連携キーワード辞典

日本学術振興会
「日本学術振興会」とは、文部科学省の所轄の特殊法人。「日本学術振興会」は、学術の進展に寄与することを目的として、学術研究の助成、研究者に対する援助、学術に関する国際協力の実施の促進、その他学術の振興に関する事業を行っている。「日本学術振興会」は、科学研究費補助金、未来開拓学術研究推進事業21世紀COEプログラム特別研究員制度など、様々な研究活動の推進を行っている。

出典:(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんがくじゅつしんこうかい【日本学術振興会】
学術振興を目的とする文部省の外部団体。対外表記はJapan Society for the Promotion of Science。学振,JSPSと略称することもある。1931年,当時の世界的な経済不況を背景に,桜井錠二(化学),古市公威(土木工学),小野塚喜平次(政治学)ら学界長老や指導者たち百数十名が会合して,学術振興の必要性を訴えた。この運動が実って,翌32年,財団法人日本学術振興会が設立された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本学術振興会
にほんがくじゅつしんこうかい

学術研究の助成、研究者の養成のための資金の支給、学術に関する国際交流の促進などを行う文部科学省所管の独立行政法人。英語名はJapan Society for the Promotion of Science、略称JSPS。独立行政法人日本学術振興会法(平成14年法律第159号)に基づいて2003年(平成15)設立。本部は東京都千代田区麹町(こうじまち)。ワシントン、ロンドン、北京(ペキン)など海外10か所に研究連絡センターがある。

 1932年(昭和7)、皇室からの下賜金150万円をもとに創設された財団法人日本学術振興会が前身である。1967年(昭和42)特殊法人に再編、2003年「中央省庁等改革」の一環として独立行政法人化された。この間若手研究者に対する支援事業、外国人研究者招聘(しょうへい)事業、秩父宮(ちちぶのみや)記念学術賞(1995年終了)の授与などを行ってきた。おもな事業は、大学が行う研究・教育への支援や研究者養成のための援助、先端研究助成基金、若手研究者海外派遣、世界最高水準研究拠点構築への支援、国際学会等の支援、若手研究者に対する国際的な研鑽(けんさん)機会の提供、研究者の招聘、日本学術振興会賞などの顕彰、出版事業などである。2012年3月時点での資本金は10億6510万円、職員数は136人。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本学術振興会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本学術振興会の関連情報

関連キーワード

清水宏成瀬巳喜男山中貞雄斎藤寅次郎マキノ雅広五所平之助稲垣浩満州国キューカー小津安二郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation