@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本庭園【にほんていえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本庭園
にほんていえん
自然の景観を人工的に構成した日本の造形空間。基本的には観賞や散策などのため住居の周囲に樹木や石を配置し,築山や泉池などを築く。古くは『日本書紀』『万葉集』などに庭園の記述があるが,現存する遺構では平城宮南東隅庭園跡(→平城宮址)が最古である。平安時代には神泉苑など大規模な池を中心とする庭園がつくられ,名所の景色を模造することも流行した。寝殿造の南庭に池,,築山などが築かれて舟楽(ふながく)が催され,平等院鳳凰堂や平泉毛越寺などでは浄土庭園と呼ばれる形式の庭がつくられた。鎌倉・室町時代には石と白を利用して禅的な空間を表現した観賞本位の石庭が流行(→),その典型が龍安寺や,大仙院の方丈庭園などにみられる枯山水である。安土桃山時代になると,二条城二の丸,醍醐寺三宝院などに豪快な意匠の庭園が構築された。一方それらとは対照的に,小さな空間を利用した茶庭も盛んにつくられ,大徳寺孤篷庵庭園(こほうあんていえん),慈光院庭園などが知られる。江戸時代には池の周囲に茶室や書院を配置し,園路を通じて散策する回遊式庭園が造営された。桂離宮修学院離宮はこのような形式が最も完備した遺構。また幕府や諸藩によっても回遊式の大庭園が築かれ,東京の浜離宮恩賜庭園,岡山の後楽園,高松の栗林公園,金沢の兼六園,熊本の水前寺成趣園などが公園として残っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にほん‐ていえん〔‐テイヱン〕【日本庭園】
池泉・庭石植木・橋・あずまや・茶室などを絵画的に配置した、日本風の庭園。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集

日本庭園
日本伝統の庭の事。そのあり方、考え方など奥は深く、建築内部からの視線の移ろいや、回遊させる事による移ろいなど、視覚的効果を考えた作りになっている。構成としては池を中心にして、土地の起伏を生かすか、築山を築いて、庭石や草木を配し、四季折々に鑑賞できる景色を造るのが一般的である。枯山水といわれる、水を用いずに、石、砂、植栽などで水流を表現する形式もある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

にほんていえん【日本庭園】
アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコにある庭園。ゴールデンゲートパーク内にある公園で、1894年に開催された国際博覧会の際に造られた日本村を保存したものである。には初夏には鮮やかなが美しいシャクナゲと、四季折々のに彩られ、園内のお茶屋では日本茶和菓子が供される。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にほん‐ていえん ‥テイヱン【日本庭園】
〘名〙 日本の庭園様式の総称。室町時代の禅寺平庭、池庭林泉式、江戸時代の書院林泉、寺院平庭、池泉回遊式、茶庭露地などが有名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本庭園」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本庭園の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation