@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本標準時【ニホンヒョウジュンジ】

デジタル大辞泉

にほん‐ひょうじゅんじ〔‐ヘウジユンジ〕【日本標準時】
協定世界時UTC)に9時間を加えた時刻。「+0900(JST)」と表す。情報通信研究機構NICT)が原子時計によって作成し、標準電波や電話回線、インターネットのNTPサーバーを利用して全国に配信している。日本時間中央標準時。JST(Japan standard time)。→標準時
[補説]かつては兵庫県明石市などを通過する東経135度の子午線上での平均太陽時として、天体観測に基づいて計測されていた。在は、情報通信研究機構が複数のセシウム原子時計水素メーザー原子時計によって得られる時刻を平均・合成して協定世界時を生成し、これを9時間進めたものを日本標準時として決定している。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんひょうじゅんじ【日本標準時 Japan standard time】
中央標準時に同じ。最近では日本標準時の名称のほうが広く慣用されている。いずれにしてもその本来の意味は,東経135゜の子午線に関する平均太陽時,つまり世界時をちょうど9時間進めた時刻である。1972年に新しい協定世界時が発足して以来,日本の標準時もこれを基にしている。協定世界時を,東経135゜の子午線に対応して,ちょうど9時間進めた時刻が日本標準時として現用されている。協定世界時はセシウム原子時計による一定のを刻み,その時刻を閏(うるう)秒の挿入によって世界時UT1に±0.9秒以内に追い込むよう人工管理された時刻システムであり,その世界時に対する時刻差は実生活上ほとんど問題とならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本標準時
にほんひょうじゅんじ
兵庫県明石市を通る東経 135°の子午線を基準とした地方時で,日本ではこれを標準時として採用している。これは世界標準時より9時間進んでいる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にほん‐ひょうじゅんじ ‥ヘウジュンジ【日本標準時】
〘名〙 兵庫県明石市を通る東経一三五度の経線を基準とした地方平均太陽時。グリニッジ平均太陽時より九時間早い。中央標準時。日本時間。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本標準時
にほんひょうじゅんじ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本標準時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本標準時の関連情報

関連キーワード

標準時協定世界時燃料電池スーパームーンs協定世界時GPS時世界時無線報時

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation