@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本目録規則【にほんもくろくきそく】

図書館情報学用語辞典

日本目録規則
日本の標準目録規則.日本文庫協会が1893(明治26)年に書名基本記入方式の『和漢圖書目録編纂規則』を制定し,その後身である日本図書館協会がこれを改訂し,1910(明治43)年に『和漢圖書目録編纂概則』を制定した.さらに1932(昭和7)年には『和漢圖書目録法案』が公表されたが,これは基本記入にかかわる論争を招き,案のままに終わった.一方,青年図書館員聯盟が1943(昭和18)年に著者基本記入方式の『日本目録規則1942年版』を刊行したが,第二次大戦後,国立国会図書館開設のために米国より招聘された特別顧問は,同館は和漢書にこの規則を使用することとし,日本図書館協会が速やかにその改訂を行うよう勧告した.以後,この勧告に沿った『日本目録規則1952年版』,パリ原則に従った『同1965年版』,国際標準書誌記述に準拠し,併せて記述ユニット方式を導入した『同新版予備版』(1977),これを踏襲しながらも,書誌階層にかかわる新たな規定を導入し,オンライン目録やMARCレコードにも配慮した『同1987年版』,『同1987年版改訂版』(1994)および『同1987年版改訂2版』(2001),『同1987年版改訂3版』(2006)が日本図書館協会によって制定されている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本目録規則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本目録規則の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation