@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本美術院【にほんびじゅついん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本美術院
にほんびじゅついん
美術団体。 1898年,東京美術学校校長を排斥されて辞した岡倉天心を中心に創設され,天心とともに教職を辞した橋本雅邦をはじめ日本画家,彫刻家,工芸家など十数名が集った。東京谷中初音町 (一時は茨城県五浦) に研究所を設けて美術研究と,院展と呼ぶ展覧会を開催,横山大観下村観山菱田春草などが力作を発表した。また『日本美術』を発刊在野派として明治末期の美術界に著しい業績をあげた。その後経営困難,天心の渡米などで一時中絶,解消したが,1914年9月大観,観山に木村武山今村紫紅小杉放庵安田靫彦 (ゆきひこ) らが加わって再興。これを再興日本美術したが,その後はまた日本美術院,院展と呼び現在にいたる。その間 20年に洋画部,61年に彫刻部が解散して以来,日本画だけとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にほん‐びじゅついん〔‐ビジュツヰン〕【日本美術院】
美術団体。明治31年(1898)岡倉天心橋本雅邦らと設立。日本画の近代化を目ざして独自の道を開き、横山大観下村観山菱田春草(ひしだしゅんそう)らが輩出。年2回の展覧会「院展」を開催。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にほんびじゅついん【日本美術院】
日本画の団体。1898年東京美術学校に校長岡倉天心を排斥する騒動が起こると天心は職を辞し,同年秋,東京の谷中に日本美術院を設立し,主幹に橋本雅邦を据え,自分に従って美術学校を退いた作家ら26名を正員とした。〈美術院〉の称は大学における大学院を意識したものという。院には研究,制作,展覧の3部門を置き,機関誌《日本美術》を発行,開院と同時に日本絵画協会と連合で開いた展覧会には横山大観,下村観山,菱田春草,小堀鞆音,竹内栖鳳らが力作を出品し,世間の注目を集めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にほんびじゅついん【日本美術院】
美術団体の一。1898年(明治31)に岡倉天心が創設。橋本雅邦・横山大観らの日本画家および彫刻・工芸家が参加。院展を主催。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本美術院
にほんびじゅついん
日本画団体。その主催する展覧会を「院展」と略称する。岡倉天心(覚三)は1898年(明治31)3月、東京美術学校の校長を排斥され、同年10月10日東京谷中(やなか)初音町に日本美術院を開設。天心に殉じて東京美術学校を辞職した橋本雅邦(がほう)ほか17名の作家を中心に、日本画、彫刻、建築装飾、工芸における研究、制作、展覧の三部を設置し、機関誌『日本美術』を発行した。同時に日本絵画協会と連合して第1回展を開催、以後1903年までこの方式を継続。その間、横山大観、菱田春草(ひしだしゅんそう)らは西洋画法を積極的に摂取し、革新的傾向の作品を発表したが、一般には認められず日本美術院の経営不振を招くに至った。そしてついに1906年11月、美術院は茨城県五浦(いづら)に絵画研究所を移転、大幅な規模縮小を行い、その活動は有名無実となった。その後1913年(大正2)天心が没し、翌年大観が文展審査員より除かれたのを契機として、大観、下村観山(しもむらかんざん)を中心に今村紫紅(しこう)、小杉未醒(みせい)(放庵(ほうあん))、安田靫彦(ゆきひこ)らの若手作家が加わり、美術院の再興が図られた。1914年9月谷中上三崎南町に設立された研究所で開院式を挙行、続いて10月再興第1回展を開催。小林古径(こけい)、前田青邨(せいそん)、速水御舟(はやみぎょしゅう)などを次々と同人に加え、新日本画の樹立を目ざし、文展をしのぐほどの有力な在野団体として活動した。なお、再興院展発足に際し設けられた洋画部は1920年(大正9)に、彫塑部は61年(昭和36)に解散、第二次世界大戦中一時休会したが、現在は日本画団体として春秋二季に展覧会を開催。[佐伯英里子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にほん‐びじゅついん ‥ビジュツヰン【日本美術院】
美術団体。明治三一年(一八九八)岡倉天心が創設。橋本雅邦・横山大観・菱田春草らが結集して日本画の革新運動を展開。一時、茨城県五浦(いづら)(=北茨城市大津町五浦)に移ったが大正三年(一九一四)再興。安田靫彦・小林古径・今村紫紅・前田青邨らが活躍。その主催する展覧会を院展という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

日本美術院
にほんびじゅついん
明治後期に設立し今日に至る美術団体
1898年,岡倉天心が東京美術学校の校長の職を辞して創立,橋本雅邦らが参加。日本画の革新を目ざし,横山大観・下村観山・菱田春草らの俊英が腕をきそい,展覧会(院展)を開き,在野派として文展に対立した。一時,解消して文展に参加したが,1914年大観らが中心となって再興し洋画・彫塑部も設けられたが,'61年以後は日本画のみとなり,現在に至る。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本美術院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本美術院の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation