@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日本脳炎【にほんのうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日本脳炎
にほんのうえん
Japanese encephalitis
日本脳炎ウイルスによる流行性の脳炎。1935年病原のウイルスが分離され,1954年旧伝染病予防法法定伝染病に指定された。今日では感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律で 5類感染症に分類される。コガタアカイエカハマダラカなど)によって媒介される。不顕性感染が多いが,およそ 1000人に 1人が発病し,発病すると高熱が出て頭痛嘔吐腹痛下痢などの症状を示す。2~3日で体温が 40℃台になり,興奮,意識混濁,けいれんなどの脳炎症状を示し,心臓衰弱で第5~6病日に死亡することがある。夏季脳炎とも呼ばれ,流行時期は盛夏を中心に 7月中旬~10月上旬。発病者の過半は 10歳未満の子供で,高齢者も多い。発病者の約 20~30%が死亡し,生存者にも手足の強直や言語障害てんかんなどの重い後遺症が出ることが多い。第2次世界大戦後大流行したが,今日ではまれ。治療にはガンマグロブリン療法輸液などが用いられるが,ウイルス病なので特効薬はまだない。不活化ワクチン(→ワクチン)が予防に有効(→予防接種)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

日本脳炎
高熱や頭痛、けいれんを引き起こし、死に至る場合もある。ブタが持つウイルスが、主に水田地帯に生息するコガタアカイエカ(蚊)を介して感染する。脳炎の発症はウイルス感染者1千人に1~20人の割合だが、決定的な治療法はなく、ワクチンが重要な予防手段となる。
(2014-07-23 朝日新聞 朝刊 2道)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

にほん‐のうえん〔‐ナウエン〕【日本脳炎】
日本脳炎ウイルスの感染によって起こる脳炎。感染症予防法の4類感染症の一。コガタアカイエカの媒介によるため、夏に流行する。感染しても症状の現れないことが多いが、発病すれば致命率が高く、治っても重い後遺症を残す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館

にほんのうえん【日本脳炎 Japanese Encephalitis】
[どんな病気か]
 日本脳炎ウイルスが感染して脳がおかされる病気です。
 かかった人の約20%は死亡し、約20%は治った後に知能障害や手足のまひが残ってしまいます。完全に治るのは、50~60%という悪性の病気です。
●感染と発病
 日本脳炎ウイルスをもったコガタアカイエカというカに刺されて感染します。
 ただ、さいわいなことに感染を受けた人すべてが発病するわけではなく、大部分の人にはなにごともおこらず、ウイルスに打ち勝って免疫(めんえき)ができます(不顕性感染(ふけんせいかんせん))。
 発病するのは、感染を受けた人のごく一部の人(流行によって大差がありますが、ふつうは10万人について数人)だけです。
●発生地域と流行する季節
 8月から9月にかけて、カのいる青森県以南の地域に発生します。
●発生状況
 近年、日本では、病人の発生が非常に少なくなりました。これは、予防接種の普及とカの減少が大きな原因です。
[症状]
 4日~2週間の潜伏期を経て、急に38℃前後に発熱し、頭痛、嘔吐(おうと)、軽い腹痛や下痢(げり)などがおこります。
「夏かぜ」か「腹くだし」かとおもっているうちに、熱が39℃前後になり、興奮したり、顔や手足にけいれんがおこったり、斜視(しゃし)や眼震(がんしん)がおこったりと脳炎らしい症状になってきます。
 病気の峠は、発病後4~5日のころです。この時期をもちこたえると、しだいに熱が下がり、ほかの症状もおさまってきますが、数週間は表情が失われ、話が低声・単調だったり、健忘症(けんぼうしょう)になったりします。
●後遺症
 重症だった場合は、重い精神障害や手足が硬直して動かせないなどの後遺症が長く残ります。
 成人の場合は、半年くらいで回復することもありますが、子どもは回復が困難です。
●受診する科
 内科か小児科を受診します。日本脳炎の疑いがあれば、血液や脳脊髄液(のうせきずいえき)の検査が必要になります。
[治療]
 日本脳炎ウイルスに効く薬はありません。鎮静薬(ちんせいやく)や強心薬を用いるほか、意識のない間は大量輸液や経鼻栄養で栄養や水分を補給し、肺炎(はいえん)・とこずれなどの合併症や後遺症の予防・治療を行ないます。
[予防]
 予防接種が有効です(予防接種とはの「予防接種の種類」)。炎天下で帽子をかぶらずに遊んで体力を弱らせたり、頭をひどく打ったりすると発病の誘因になります。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版

にほんのうえん【日本脳炎 Japanese encephalitis】
日本脳炎ウイルスによって起こる感染症。1871年(明治4)の夏から秋にかけて京都で流行した脳炎が今日の〈日本脳炎〉の正式記録の始まりである。日本脳炎は長い間,他の脳炎,とくに嗜眠性脳炎(エコノモ型,A型,冬季脳炎などとも呼ばれる)と混同されて,いろいろな名称で呼ばれてきた。すなわち,1903年の東京で流行した〈吉原風邪〉に始まり,仮性脳脊髄膜炎,夏季脳炎,B型流行性脳炎,日本流行性脳炎などと呼ばれてきたが,その後に日本脳炎に統一され,54年に法定伝染病に加えられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にほんのうえん【日本脳炎】
日本脳炎ウイルスによって起こる流行性脳炎。主にコガタアカイエカによって媒介される。死亡率が高く、治癒しても後遺症を残すことがある。 B 型脳炎。 → 嗜眠しみん性脳炎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

日本脳炎
日本脳炎ウイルスの感染によっておこる中枢神経(脳や脊髄など)の疾患。ヒトからヒトへの感染はなく、ブタなどの動物の体内でウイルスが増殖された後、そのブタを刺したコガタアカイエカなどが人を刺すことによって感染する、東アジア・南アジアにかけて広く分布する病気である。ウイルスを持つ蚊に刺されたあと、症状がなく経過する場合がほとんだが、症状が出るものでは、6~16日間の潜伏期間の後に、数日間の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、引き続き急激に、光への過敏症、意識障害、神経系障害(脳の障害)を生じる。症状が出る可能性は少ないが、症状が出た人のうち、約15%が死亡に至るといわれており、特に幼少児や老人では死亡の危険は高くなっている。12年10月、岐阜県・美濃市で、小学5年生男児が日本脳炎の予防接種を受けた5分後に心肺停止状態になり死亡した。厚生労働省は、日本脳炎の予防接種で重い副作用が報告されたことから、05~09年度には積極的な勧奨を差し控えていたが、新ワクチンが開発されたため10年度から再開。同省や新ワクチン開発に携わった専門家はこの事例について、急性アレルギー反応の「アナフィラキシーショック」の可能性を指摘している。
(2012-10-21)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日本脳炎
にほんのうえん
日本脳炎ウイルスによる急性感染症で、感染症予防・医療法(感染症法)では5類感染症に分類されている。かつては同じ流行性脳炎の嗜眠(しみん)性脳炎との異同からB型脳炎とか夏季脳炎などといろいろな名称でよばれていた。1948年(昭和23)から67年までは年間発生数が1000例以上、50年には5000例を超える発生もあったが、予防接種などの効果が現れて72年以来100例以下となり、92年(平成4)以降は一桁(けた)まで減少した。多発時には北海道を除く各地で流行し、小児と60歳以上に好発したが、1992年以降は発生地も九州、中国、四国地方を中心とする西日本地区に限局され、また、患者もほとんど高齢者に限られている。
 なお、日本脳炎という名称は、この病気が日本にだけあるという意味ではない。日本で最初に認識され、病原、疫学、臨床なども日本でもっともよく研究されたからという意味で命名されたものである。日本脳炎は、韓国、台湾、中国本土、タイ、ミャンマー、インド、さらにマリアナ諸島、フィリピン、スンダ列島に至る西南太平洋地域にも存在し、流行がみられる。[柳下徳雄]

症状

急に38~39℃の発熱がおこり、かなり強い頭痛のほか、悪心(おしん)や嘔吐(おうと)を伴う。年少者では腹痛や下痢などの胃腸症状もおこることがまれでない。最初は夏かぜや寝冷えによく似ているが、熱はさらに40℃前後に達し、興奮、意識混濁、顔面や手足のけいれんがときどきおこったりして脳炎らしい症状が現れてくる。発病後4~7日が病気の峠で、この時期を過ぎれば熱もしだいに下がって回復に向かうが、肺炎や心筋炎などの合併症をおこすことがある。また、後遺症が高率に現れ、数週から数か月にわたって音声が低く単調になったり、健忘がみられ性格が変調したりするが、重症では手足の強直性麻痺(まひ)が一生残り、性格異常や認知症などの精神障害もおこる。一般に幼小児の後遺症は治りにくく、成人の場合は最初かなり重症でも半年くらいで回復することが多い。[柳下徳雄]

診断

初期は各種の髄膜炎、脳出血、感冒などと誤診されやすい。症状が強く現れたときは臨床症状と髄液の検査でほぼ診断されるが、確実な診断、とくに他のウイルス性脳炎との鑑別や軽症あるいは不顕性感染であった場合の診断は、血清反応(補体結合反応および赤血球凝集抑制反応)によらなければならない。しかし、この反応は発病後10日以上経過してからでないと現れてこない難点がある。[柳下徳雄]

治療

原因療法はなく、対症療法のほか、合併症の予防や後遺症の治療など一般的看護に重点が置かれる。ICU(集中治療室)の活用によって救命しうるようになり、後遺症のリハビリテーションも回復期の早期から実施されるようになったが、幼小児の後遺症の回復は困難である。[柳下徳雄]

予後

乳幼児と高齢者の予後が悪く、また発熱が41℃以上になった場合も悪い。一般的には発病者の約20%が死亡、約20%には重い後遺症がみられ、完全に治癒するのは50~60%である。[柳下徳雄]

感染と発病

病原ウイルスをもったカ(多くはコガタアカイエカ)に刺されることによって感染し、ヒトからヒトへの感染はない。したがって、日本脳炎はカの発生に関連して7~10月に流行し、ほかの季節にはみられず、流行地域も限定されてくる。また、大部分の人は不顕性感染で、なにも病感がおこらず、流行によって差もあるが、普通10万人について数人が発病するにすぎない。
 なお、日本脳炎は家畜伝染病でもあり、ウマ、ウシ、ブタ、ヤギなど大形の哺乳(ほにゅう)類にも流行するが、やはり不顕性感染が大部分で、発病率はヒトとウマがもっとも高い。[柳下徳雄]

流行予測

1965年(昭和40)から厚生省(現厚生労働省)では日本脳炎の流行予測を行っているが、これは、日本脳炎がブタやウマの間に流行してから3~5週後にヒトに流行がおこるという事実に基づいて実施されている。毎年5月から10月にかけて各都道府県ごとに、1~3か所の食肉処理場から生後5~8か月のブタ、すなわち前年の日本脳炎の流行に関係のないブタ20頭の血液を毎週集めて日本脳炎に対する抗体の有無を調べる。抗体保有率が50%以上になればブタに日本脳炎の流行がおこったことがわかり、したがって2~3週後にはヒトにも患者発生が到来する可能性があるものとみて、流行予測(流行地指定)が公表され、臨時予防接種の実施が検討される。[柳下徳雄]

予防

過労や睡眠不足を避け、カを駆除するほか、定期予防接種がある。予防接種法による第期定期接種は、初回免疫をつくるために1~4週間隔で2回日本脳炎ワクチンを皮下注射し、その後約1年を経過した時期に1回皮下注射して追加免疫する。第期定期接種は9~13歳未満に1回皮下注射、第期定期接種は14~15歳に1回皮下注射する。ただし、流行のない北海道と東北の一部の地域では行わない所もある。[柳下徳雄]

日本脳炎ウイルス

日本脳炎の病原体で、1934年(昭和9)に林道倫(みちとも)(1885―1973)が脳内接種法によって初めてサルに伝播(でんぱ)させ、36年には谷口・笠原(かさはら)らがマウスを使ってウイルスの分離に成功した。アルボウイルスのB群(現在の分類法ではフラビウイルス科フラビウイルス属)に属するRNAウイルスで、セントルイス脳炎や西ナイル脳炎のウイルスと類似するが、病毒の中和試験によって区別される。
 なお、日本脳炎ウイルスはカに媒介されてヒトや家畜に感染をおこすが、カのいない冬季をどのようにして越年し翌年ふたたび流行をおこすのか、これがわかれば予防できるわけであるが、まだ不明である。温帯地方では冬眠したカの体内で越年する可能性もあるが、まだ実証されず、カを食べるトカゲやヤモリの体内で越年する可能性や巣立ちのできない野鳥とくにサギ類の体内に保有されるという考えなどもある。また、西南太平洋一帯に分布することから渡り鳥に注目する者もある。なお、感染したウマやブタはその年のウイルスを成育させることはあっても、ウイルスの保有者ではないとされている。[柳下徳雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にほん‐のうえん ‥ナウエン【日本脳炎】
〘名〙 主に夏季に流行するウイルス性疾患。感染症法による四類感染症の一つ。初め高熱、頭痛、嘔吐、二、三日遅れて意識混濁、痙攣などが起こる。約二割は死亡し約二割は治っても手足の強直まひや知能の障害など重い後遺症が残る。種々の蚊、特にコガタアカイエカが感染を媒介。〔伝染病予防法(明治三〇年)(1897)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

日本脳炎(フラビウイルス)
1)日本脳炎(Japanese encephalitis):
日本脳炎は日本脳炎ウイルスの感染によって起こる急性脳炎である.ウイルスは東アジアから東南アジア,南アジア,オーストラリアの一部に分布し,アジアにおけるウイルス性脳炎として最も重要なものといえる(図4-4-9).日本脳炎ウイルスは自然界では蚊-ブタ-蚊の感染環で維持されている.ある種の鳥もウイルスの自然界での維持にかかわっており,またウイルスをある地域からほかの地域へ運ぶ役割を果たしていると考えられている.日本においてはコガタアカイエカが主たる媒介蚊である.ヒトは終末宿主であり,感染したヒトを吸血した蚊が感染することはない.ヒトからヒトへの直接の感染もない.現在日本における患者数は年間10人未満であるが,夏季には日本のほぼ全域で日本脳炎ウイルスの活動がある. 日本脳炎ウイルス感染者の多くは不顕性感染に終わり,発症は300~1000人に1人とされている.日本においては患者のほとんどが高齢者であるが,東南アジア,南アジアにおいては患者の多くは小児である.感染後6~16日の潜伏期を経て頭痛,発熱,悪心,嘔吐,めまいなどで発症する.小児では食欲不振,腹痛,下痢など消化器症状を伴うことが多い.これらの症状に続き,項部硬直,羞明,意識障害,易興奮性,仮面用顔貌,筋硬直,脳神経麻痺,四肢の振戦,不随意運動,麻痺,病的反射などが出現する.小児においては痙攣が起こることも多い.脊髄症状や球麻痺症状もときに出現するが,知覚障害はまれである.日本脳炎患者の20~30%は死亡,約50%は精神神経に後遺症を残して回復する.小児では特に重度の障害を残すことが多い.後遺症としては,Parkinson病様症状や痙攣性疾患,麻痺,精神発達遅滞,精神障害などがおもなものである.[倉根一郎]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

六訂版 家庭医学大全科

日本脳炎
にほんのうえん
Japanese B encephalitis
(子どもの病気)

どんな病気か

 発熱、頭痛、意識障害、けいれん、昏睡(こんすい)へと進行する、死亡率も高い重症の脳炎で、アジア地域に広く分布しています。

原因は何か

 日本脳炎ウイルスに感染したブタの血を吸った蚊(コガタアカイエカ)に刺されて感染します。潜伏期間は1週間前後です。

症状の現れ方

 頭痛、全身倦怠感(けんたいかん)などで始まることもありますが、多くは突然発熱し、2~3日で頭痛、嘔吐、けいれん、意識障害へと進行します。

検査と診断

 脳脊髄液(のうせきずいえき)からのウイルス遺伝子の検出、血清、脳脊髄液中の抗体測定で診断します。病初期に、日本脳炎ウイルス特異IgM抗体が陽性であれば確定的です。IgM抗体が陰性の場合には、病初期と2~3週間の間隔をあけた抗体価を比較して診断します。

 脳波は特徴的で、前頭部にとくにはっきりとした高振幅徐波(じょは)(高く遅い波)が全般的に現れます。

治療の方法

 ウイルスを抑える薬はありませんので、脳の水を引かせたり、けいれんを抑えたり、脳の酸素消費を抑えたりする薬で治療します。

病気に気づいたらどうする

 発熱性の疾患ではどの疾患も同じことですが、高熱だけでは心配することはありません。けいれんも多くの場合には2~3分以内に治まる熱性けいれんなので、体を横にして楽な姿勢をとらせて様子をみます。嘔吐があると誤嚥(ごえん)の危険があるので、顔を横に向けて吐物がのどにたまらないようにします。

 けいれんが治まっても呼吸が不規則だったり、顔色が悪いままだったり、あるいはけいれんが10分以上続いたり、何度も繰り返す時にはすぐに小児科医のいる、入院施設のある病院を受診してください。内科医や外来診療だけの病院に行くのは時間の無駄ですし、手遅れになる場合もあります。

 日本では日本脳炎が子どもに発病することはほとんどなく、予防接種の必要性を否定する向きもあります。しかし、北海道以外の地域では毎年夏になると日本脳炎汚染ブタが多数出ているので、定期接種を忘れないようにします。改良ワクチンが開発されています。

脇口 宏

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本脳炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日本脳炎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation