@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日没【ニチボツ】

デジタル大辞泉

にち‐ぼつ【日没】
太陽の上が地平線下に沈むこと。また、その時刻日の入り。⇔日出(にっしゅつ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にち‐もつ【日没】
六時の一。日暮れ。にちぼつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にち‐ぼつ【日没】
〘名〙 太陽が地平線下に没すること。また、その時。日の入り。いりあい。にちもつ。じつぼつ。〔音訓新聞字引(1876)〕
※あひゞき(1888)〈二葉亭四迷訳〉「日没にはまだ半時間も有らうに」 〔隋書‐倭国伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にち‐もつ【日没】
〘名〙
※長秋記‐天永二年(1111)二月一一日「日没間、着御祝曾杜駄餉所」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕
② 仏語。六時の一つで、その第三の刻(午後六、七時頃)。また、その時に行なわれる勤行(ごんぎょう)
※霊異記(810‐824)下「日没の時に臻れるが故に、仏を礼す応しといふ」
※源平盛衰記(14C前)一一「日没(ニチモツ)静に礼讚し、念仏貴く唱へつつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日没」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日没の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation