@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日清修好条規【にっしんしゅうこうじょうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日清修好条規
にっしんしゅうこうじょうき
明治4 (1871) 年日本とで結ばれた対等条約。日本側全権は伊達宗城,清国側は李鴻章。同時に通商章程,海関税則調印された。この条約は日清相互領事裁判権,協定関税を認め合ったもので,日本は他の欧米列強のように最恵国待遇や内地通商権を獲得しなかった。列強並みの権益を目指していた日本は,その後条約の修正を要求。 1880年には琉球宮古,八重山群島の清国領有と交換に,内地通商権,最恵国待遇を獲得するという線で日清修好条規の改定交渉が進められていたが,結局実現せず,日清戦争後の下関条約 (95) にいたった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にっしん‐しゅうこうじょうき〔‐シウカウデウキ〕【日清修好条規】
明治4年(1871)日本と清国とが自主的に締結した最初の条約。領事裁判権と協定関税率を相互に承認し、最恵国条款を欠くなど変則的な対等条約であった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にっしんしゅうこうじょうき【日清修好条規】
日本と中国清朝との間に締結された最初の修好通商条約。1871年9月13日(明治4年7月29日)日本側全権大蔵卿伊達宗城と清国側全権直隷総督李鴻章との間に調印,73年3月9日批准,94年8月1日,日清開戦により失効した。明治政府は係争中の対朝鮮修交問題を有利に解決するため,朝鮮の宗主国である清国と対等条約を締結することを希望した。しかし日清間には16世紀末以来正式国交がなかったので,1870年7月27日(明治3年6月29日)予備交渉のため外務権大丞柳原前光,同権少丞花房義質に国交と通商の下交渉ならびに貿易状況の調査を目的に清国差遣を命じた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にっしんしゅうこうじょうき【日清修好条規】
1871年(明治4)日本と清国との間で初めて締結された条約。相互に領事裁判権と協定関税率を認め、最恵国待遇はないなど、変則的な平等条約。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日清修好条規
にっしんしゅうこうじょうき
1871年(明治4)7月29日、日本側伊達宗城(だてむねなり)、清国側李鴻章(りこうしょう)を全権として調印された、日中両国が自主的に締結した最初の修好通商条約。日本は70年、朝鮮との国交問題を有利に解決するため、外務大丞柳原前光(だいじょうやなぎわらさきみつ)を対等条約締結の予備交渉に派遣、李鴻章から条約締結の応諾を得た。翌年日本は清独天津(てんしん)条約を模した不平等な草案を提示したが、清国は最恵国条款と清国内地の通商権規定を削り、領土保全と侵略に対する相互援助規定を付け加えた。その結果、領事裁判権と両国が列強に強制された協定関税率とを相互に認め合う変則的対等条約となった。そのため列強中には反西欧連合を密約したと疑う国もあり、政府内にも列強と同様の特権獲得に失敗したとの批判があって、批准書交換は73年に持ち越された。その後も日本は列強と同一の条約に改訂することを求めて清国と交渉を続けたが、不成功のまま日清戦争で消滅した。[藤村道生]
『信夫清三郎編『日本外交史』(1974・毎日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっしん‐しゅうこうじょうき ‥シウカウデウキ【日清修好条規】
日本と清国の間に結ばれた最初の修好通商条約。明治四年(一八七一)、通商章程とともに締結。相互に領事裁判権を有し、税則でも平等条約であった。同六年より実施され、日清戦争により消滅。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

日清修好条規
にっしんしゅうこうじょうき
1871(明治4)年7月,日本と清国との間で結ばれた最初の条約
日本の開国後,日清間の交流が盛んになり,日本側から発議。伊達宗城 (だてむねなり) と李鴻章の両代表が天津で調印。内容は両国の修好と相互援助,両国民の貿易許可,領事裁判権の相互承認などで,最初の対等条約。日清戦争まで適用された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日清修好条規」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日清修好条規の関連情報

関連キーワード

廃藩置県普仏戦争マーシャルインターナショナル新教育高田藩北海道開拓郵便切手おもなお雇い外国人日本科学史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation