@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日生諸島【ヒナセショトウ】

デジタル大辞泉

ひなせ‐しょとう〔‐シヨタウ〕【日生諸島】
岡山県南東部、瀬戸内海にある大小14の島々からなる諸島備前市に属する鹿久居(かくい)島・大多府(おおたぶ)島・頭(かしら)島・(こう)島・鶴島、瀬戸内市に属する長島などからなる。瀬戸内海国立公園に含まれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日生諸島
ひなせしょとう
岡山県南東部、瀬戸内海にある島嶼(とうしょ)。大小14の島からなり、備前(びぜん)市に属する鹿久居(かくい)島、大多府(おおたぶ)島、頭(かしら)島、鴻(こう)島、瀬戸内市邑久(おく)町に属する長島には人が居住するが、そのほか鶴(つる)島は1990年(平成2)以降に無人島となり、また鴎(かもめ)島などの小島が無人島となっている。瀬戸内海国立公園に含まれる。最大の鹿久居島には野生シカが生息する。頭島は近世中期から開発され、人口がもっとも多く、漁業、海運業のほか、工場通勤者が多い。大多府島は1698年(元禄11)岡山藩により避難港として開発された。鴻島は一時岡山藩の馬牧が置かれ、昭和初期にふたたび開拓された。鶴島は明治初期にキリシタン流刑地となった。長島は本土と架橋され、国立ハンセン病療養所(長島愛生(あいせい)園、邑久光明(こうみょう)園)がある。人口599(2009)。[由比浜省吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

日生諸島
(岡山県備前市)
おかやまの自然百選指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日生諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日生諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation