@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日産コンツェルン【にっさんコンツェルン】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日産コンツェルン
にっさんコンツェルン
昭和初年から第2次世界大戦末までに発展した新興財閥の一つで,鮎川財閥ともいう。 1910年戸畑鋳物を設立した鮎川義介が,経営不振となった久原鉱業の再建を依嘱されて社長に就任,28年に日本産業 (資本金 7500万円) と改称,公開持株会社改組したことに始る。 29年鉱業部門を分離日本鉱業を設立,以来多くの会社の吸収合併,新規設立,直轄事業の分離などを重ね 37年には日本鉱業,日立製作所日産自動車日本水産日本コロムビア日産化学工業,日本油脂,樺太汽船,大同火災海上保険など重工業を中心とした 18の直系会社,130の傍系会社をもつコンツェルンに成長した。 37年本社を満州に移し,満州重工業開発 (資本金 4500万円) と改称して南満州鉄道株式会社 (満鉄) の重工業関係部門を引継ぐとともに,昭和製鋼,満州炭鉱,満州軽金属製造,同和自動車,満州飛行機製造,満州投資証券などを設立し,日本の満州における植民地経済の中核的存在となった。第2次世界大戦後の財閥解体の際には直系会社を含む資本金総額は 17億円をこえていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

にっさんコンツェルン【日産コンツェルン】
新興財閥の代表的存在。その母体久原(くはら)房之助の創始した久原財閥。同財閥は第1次世界大戦後の慢性的不況の中で破綻を生じ,房之助は義兄にあたる鮎川義介(あいかわよしすけ)にその再建を委嘱する。鮎川は1928年,同財閥の中核企業の久原鉱業を社会的資金の動員と経営機構の再編を意図して公開持株会社の日本産業株式会社(日産)に改組する。この改組の効果は満州事変,金輸出再禁止以降の経済回復・拡大過程の中であらわれ,日本産業は傘下企業の株式公開→巨額のプレミアム資金の獲得→その資金,あるいは自社・傘下企業の増資資金を利用しての新事業分野への進出→高騰した自社株式との交換による既存企業の合併→それら被合併企業の整理統合→子会社として分離独立……という,ユニークな経営戦略を展開する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

にっさんコンツェルン【日産コンツェルン】
第二次大戦前、鮎川義介がつくりあげた新興財閥。日本産業を持ち株会社として重化工業部門を中心に発展した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日産コンツェルン
にっさんこんつぇるん
昭和初年に勃興(ぼっこう)した新興財閥の代表的存在。鮎川義介(あいかわよしすけ)が第一次世界大戦後破綻(はたん)を呈した義弟久原(くはら)房之助家の事業経営を引き受け、1928年(昭和3)久原家の中核企業である久原鉱業を公開持株会社日本産業株式会社に改組したことを出発点とする。その後、満州事変、金輸出再禁止を契機とする経済回復過程のなかで、傘下企業株式の公開による巨額のプレミアム資金の獲得→日本産業および傘下企業の株主割当てによる増資→プレミアム資金、払込資本金を利用しての新事業分野進出、あるいはこれらの資金を利用しての、または日本産業の株式との交換による既存企業の合併→それら被合併企業などの整理統合→子会社として分離独立→……というぐあいに、日本産業の公開持株会社としての機構、機能をフルに活用した「コングロマリット的操作」を繰り返すことによって急膨張を遂げ、日中戦争勃発時には日本鉱業、日立製作所、日本水産、日産自動車などの直系18社、直系子会社59社、その払込資本金総額4億7363万円を擁する三井、三菱(みつびし)両財閥に次ぐ一大企業集団を形成した。さらに、日本経済が戦時体制に移行すると、1937年「満州国」政府および関東軍の要請を受けて、その本社日本産業を「満州国」に移転し、それを半官半民の満州重工業開発会社に改組、南満州鉄道にかわって満州の産業開発を独占的に担当した。しかし、日産の満州進出は、戦時統制の強化、戦局の悪化のなかで外資導入に失敗し、また関東軍との関係もうまくいかず、挫折(ざせつ)する。そして、戦後の財閥解体によって崩壊した。だがその傘下企業は、日立製作所、日産自動車をはじめ、今日、有力ビッグ・ビジネスに成長したものが多い。[宇田川勝]
『持株会社整理委員会編・刊『日本財閥とその解体 上巻』(1951) ▽宇田川勝著『新興財閥』(1984・日本経済新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

日産コンツェルン
にっさんコンツェルン
昭和初期,鮎川義介(1880〜1967)の日本産業を中心に結成された最大の新興財閥
1928年久原鉱業を譲りうけた鮎川は日本産業に改組。持株会社として,満州事変後の軍需インフレの中で重化学工業の分野に経営を広げ,満州への進出をはかった。第二次世界大戦後,財閥解体により解散したが,日立・日産などの構成企業はそれぞれ独立し再建された。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日産コンツェルン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日産コンツェルンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation