@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日章旗【にっしょうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日章旗
にっしょうき
日本の国旗である日の丸の旗。嘉永6 (1853) 年の M.ペリー来航後,対外関係のうえから国制定が不可避となり,薩摩藩主島津斉彬考案に基づいて日の丸が採用された。明治3 (1870) 年1月明治新政府は郵船及商船規則 (太政官布告 57号) で商船の掲げるべき国旗として,さらに同年 10月の太政官布告 651号では軍艦用の国旗として章旗の規格などについて定めた。しかし,これは日章旗を国旗と定める明文の法規定を伴ったものではなく,既成事実としてその後も使用されてきたものであった。そのため 1999年8月に「国旗・国歌法」を制定し,正式に日章旗を国旗と規定した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にっしょう‐き〔ニツシヤウ‐〕【日章旗】
日本国の国旗である日の丸の旗。縦横比が2対3の白地長方形の中央に、縦幅の5分の3の直径をもつ紅色日章を配する。明治3年(1870)の太政官布告で日本の商船が掲げるべき旗と定められ、のち実質上国旗として用いられた。平成11年(1999)施行の「国旗国歌法」で国旗と定められ、意匠も決められた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

にっしょうき【日章旗】
日本の国旗である日の丸の旗。白地に赤く日の丸を染め抜いたもの。1999年(平成11)の「国旗及び国歌に関する法律」により国旗と定められた。日の丸の旗。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっしょう‐き ニッシャウ‥【日章旗】
〘名〙 日本国の国旗。白地の長方形で、日章は赤色。明治三年(一八七〇)一月二七日付太政官布告で制定。平成一一年(一九九九)「国旗及び国歌に関する法律」の成立により、国旗と定められた。法律では、縦は横の三分の二、日章の直径は縦の五分の三、日章の中心は旗の中心、と定められている。日の丸の旗。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「日章旗と三十七星旗とを交叉して、処処に掲げ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

日章旗
にっしょうき

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日章旗」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日章旗の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation