@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日経225ミニ【にっけい225みに】

知恵蔵

日経225ミニ
大阪証券取引所に上場されている日経平均先物商品の1つ。取引単位は日経平均株価の100倍。先物であるため、現物株では禁止されている差金取引(売買価格から利益損失を確定し差額だけを決済する)が可能。これまでの日経平均先物との主な違いは、取引単位が10分の1になったこと、値段の刻みが半分の5円になったことなど。株式と同様に1日の価格変動を制限する更新値(気配値段の切り上げ/切り下げ幅)と制限値幅(ストップ高/ストップ安)が設けられている。これまでの先物の10分の1という少ない証拠金で取引ができることから、デイトレーダーにも人気が出ている。しかし、先物であるため日経平均株価が予想とは異なる方向に動いた場合には大きな損失を計上することになるハイリスク・ハイリターン商品。2007年10月第3週の取引高(自己・委託合計)は約4兆4754億円。取引主体は個人投資家が43%、外国人投資家が54%だった。
(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

朝日新聞掲載「キーワード」

日経225ミニ
大証に上場する株価指数先物「日経225」を小口化し、最低取引単位を10分の1にした個人投資家向けのデリバティブ商品。投資家は先々の日経平均株価を予想し、上がると判断すれば買い、下がるとみれば売る。日経平均が1万7千円なら、100倍の170万円がミニの最低取引単位(1枚)となる。だが取引に170万円必要なわけではなく、証拠金(担保)として1枚につき5万〜10万円程度を払えばよい。1万7千円の時にミニを1枚買い、1万8千円の時に売ったとすると、差額の千円×100倍の10万円が利益となる。予想に反して千円下落すると、10万円の損失となる。元本保証はなく、損失が一定以上、膨らむと追加の証拠金を求められる。
(2007-06-09 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

日経225ミニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日経225ミニの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation