@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日置川【ひきがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日置川
ひきがわ
和歌山県南西部,白浜町東部の旧町域。日置川の中・下流域を占め,太平洋に臨む。1956年日置町,三舞村,川添村が合体して日置川町が発足。2006年白浜町と合体。大部分山地で,中心集落の日置は日置川河口に位置し,江戸時代から流域木材集散地。林業が主産業だったが,観光にも力を入れている。日置港沖合漁業の根拠地。茶は名産品。海岸は吉野熊野国立公園に,渓谷美を誇る日置川峡一帯は大塔日置川県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日置川
ひきがわ
和歌山県南西部の川。奈良県との県境にある果無山脈を発し,ほぼ南西流して白浜町南部で太平洋に注ぐ。全長約 70km。流路屈曲が多く,深い河谷を形成。上流部に 1958年完成の殿山ダム,河口に日置港がある。上流域は大塔日置川県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひきがわ【日置川】
紀伊半島南部を流れる川。俗に〈日置三郎〉といわれる。奈良・和歌山県境の果無(はてなし)山脈南斜面に源を発し,和歌山県西牟婁(にしむろ)郡大塔(おおとう)村から日置川町を南西に流れ,太平洋に注ぐ。全長79km,流域面積約400km2。激しく穿入(せんにゆう)蛇行し,河谷にも河口付近にも平地は乏しく,洪水も少なくなかった。明治中期までは平田舟中流まで遡上し,下流からは米や日用品を,上流からは炭,などを運んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日置川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日置川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation