@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

日興【にっこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

日興
にっこう
[生]寛元4(1246).3.8. 甲斐
[没]正慶2(1333).2.7. 駿河
鎌倉時代の日蓮宗の僧。富士派 (現在の日蓮正宗 ) の派伯耆阿闍梨,白蓮阿闍梨の称がある。六老僧の一人。師日蓮没後,同門の日向との対立もあって富士に隠棲,南条時光の後援を受けて大石寺創立 (1290) ,さらに永仁6 (98) 年には北山本門寺を創立し,多くの弟子を育てた。著書『法華略疏』『富士正義抄』。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

にっこう【日興】
[1246~1333]鎌倉後期の日蓮宗甲斐の人。通称、伯耆(ほうきぼう)・白蓮阿闍梨(びゃくれんあじゃり)。六老僧の一人。富士派(日蓮正宗)の祖。日蓮に従い各地に布教。師の後、身延山を出て富士山麓大石寺(たいせきじ)本門寺建立「開目抄要文」など。にちこう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

日興 にっこう
1246-1333 鎌倉時代の僧。
寛元4年3月8日生まれ。日蓮門下六老僧のひとり。天台宗から改宗して日蓮につかえ,佐渡の配流先にもしたがう。日蓮の死後,信仰上の対立から甲斐(かい)(山梨県)身延山をさり,駿河(するが)に大石寺,本門寺を創建した。日興(富士)門流の祖とされる。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年2月7日死去。88歳。甲斐出身。俗姓大井。通称は白蓮阿闍梨(びゃくれんあじゃり)。号は伯耆(ほうき)房,常在院。著作に「安国論問答」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

にっこう【日興】
1246‐1333(寛元4‐元弘3)
鎌倉時代後期の日蓮宗の僧。日蓮正宗開祖。伯耆房,白蓮阿闍梨(あじやり)と称す。甲斐国(山梨県)大井氏の出身であるが,駿河国(静岡県)の母方に移り,同国蒲原荘の天台寺院四十九院で出家修学,のち日蓮の弟子となり,四十九院に在住しながら甲斐,駿河,伊豆に師の教えを広めた。日蓮が佐渡に流謫されると,佐渡まで赴き日蓮に仕えた。佐渡から帰ったのちも駿河富士郡の天台寺院の住僧らを弟子とし,彼らも日蓮の教えを広めていった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

日興
にっこう
(1246―1333)

鎌倉後期の日蓮(にちれん)宗の僧。伯耆房(ほうきぼう)、白蓮阿闍梨(びやくれんあじゃり)と号する。甲斐(かい)(山梨県)の人。もと天台宗の僧で、駿河(するが)(静岡県)蒲原(かんばら)の四十九院(しじゅうくいん)で修学していたが、日蓮の教えに従って改宗し日興と称した。日蓮のもとに付き従い、のちに駿河国をはじめ伊豆・甲斐(静岡・山梨県)を舞台に伝道活動を展開し、教団の勢力を大いに伸長させる。1282年(弘安5)の日蓮入滅にあたっては、本弟子に選ばれ、六老僧の一人として後世に敬われる。その後、身延山(みのぶさん)に営まれた日蓮の墓塔を守る中心的な役割を果たしていたが、領主の波木井実長(はきいさねなが)(1222―1297)と意見があわず、1288年(正応1)日興はついに身延を出て、富士山麓(さんろく)の大石ヶ原に大石(たいせき)寺を開創。領主南条時光(なんじょうときみつ)(1259―1332)・地頭(じとう)石川孫三郎らの援助を受けながら重須(おもす)に本門寺を開いて一門の育成に努めた。のち、その弟子たちを中心として日興門流(富士門流)が形成された。現在の日蓮正宗(しょうしゅう)はこの門流に属する。

[中尾 尭 2017年9月19日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

日興 (にっこう)
生年月日:1246年3月8日
鎌倉時代後期の日蓮宗の僧
1333年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

にっこう【日興】
鎌倉時代後期の日蓮宗の僧侶。字(あざな)は白蓮。俗姓は大井氏。伯耆房、白蓮阿闍梨と称す。甲斐(山梨県)の人。日蓮六老僧の一人。日蓮没後、身延の波木井実長が廟所の輪番制を廃して日向を住持にせんと図ったのに異を唱え身延を去る。のち駿河国(静岡県)富士郡に移って大石寺を開き、富士派の開祖となる。著書に「開日抄要文」等がある。寛元四~元弘三年(一二四六‐一三三三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

にちこう【日興】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日興」の用語解説はコトバンクが提供しています。

日興の関連情報

関連キーワード

寛元カルピニグユク(貴由)バーベンベルク朝北条時頼飯田徳治後嵯峨天皇後深草天皇事文類聚新点

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation